ホーム・キッチン

【ダイソー】白・灰・黒のモノクロゴムバンドがオシャレすぎっ!

ダイソー モノクロゴムバンド

輪ゴムって箱買いすれば大量に入っているので

「これで、しばらく大丈夫!」と思い、安心しきっていたらいつの間にかストック0ってこと多くないですか?

まさに、そんな状況になってしまい、輪ゴムの代用として奥さんが使ってるヘアゴムで袋をしばりました。

ということで、ストック0になった輪ゴムを探しに100円ショップダイソーへ!

するとおもしろいのを見つけました!なんと『白・灰・黒』のモノクロゴムバンドなる輪ゴムです!

何これ!?オシャレそうだけど、ちゃんと使えるの?

と不安になりながらも、気になって仕方なかったので購入!そして家で使ってみましたが

これ、普通に使える輪ゴムです!オレンジ色した輪ゴムと同じように使えます♪

ということで今回は100円ショップ・ダイソーで購入したオシャレな輪ゴム「モノクロゴムバンド」をレビューいたします!

ダイソー モノクロゴムバンド基本情報

スペック

名称 モノクロゴムバンド
メーカー ダイソー
サイズ NO.16(折径6cm)
容量 80g

開封・内容物・デザイン

こちらが100均ダイソーで購入してきたモノクロゴムバンド!文房具コーナーか、その近くにあります!

モノクロゴムバンドということで輪ゴムの色は「」「」「」の3色!今、流行りのモノトーンですね!

箱の裏を見ると、このモノクロゴムバンドの実寸サイズが分かるようになっています。購入前に参考にできますね!

上の写真でいう赤色の丸の部分がモノクロゴムバンドのサイズですが、「NO.16」という一般的な輪ゴムサイズです!

箱の右下には丸い穴が空けられる箇所があり、一般的な輪ゴムの箱と同じ感じです!

箱をあけるとホワイト・グレー・ブラックの輪ゴム達が顔を出しました!

ガバっとひとつかみ分だしてみます!まさにモノトーン!オシャレですね!

1本ずつ並べてみました。左から白色→灰色→黒色です。

箱の裏に記載されていた輪っかと比べてみました!たしかに記載されている通りの大きさです!

我が家に残っていたラスト1個の普通の輪ゴムと比べてみました。パッと見は同じサイズです!

ただ、重ねてみると若干ではありますが、モノクロゴムバンドのほうが小さいかな?という感じでした。

では、モノクロゴムバンドを実際に使ってみてのレビューをどうぞ!

スポンサーリンク

ダイソー モノクロゴムバンドを実際に使ってみて

輪ゴムとしてちゃんと使えます

一番大切なこと「輪ゴムとしてちゃんと使えるの?」についてまずお答えします!

答えは「大丈夫です!ちゃんと使えます!

100均商品+色がついている

この2つの理由から実際に使ってみるまでは「ちゃんと使えるのかどうか」が不安でした。

が!いざモノクロ輪ゴムを手に取り触り、伸ばしたり、縛ってみたりと使用してみましたが、切れることもなく問題もなく使えました

(↑灰色ゴムバンド)

(↑普通のゴムバンド)

伸ばした時は、ほんの少しモノクロゴムバンドは頼りない感じがあります。ただ、手でぎゅーっと力いっぱい広げても切れませんでしたので

私の中では完全に合格ラインです

実験:モノクロゴムバンドの強度をチェック

せっかくなので、ここで実験!

ゴムはゆるゆるだと使いづらいですよね?ということで、モノクロゴムバンドはどのぐらいの強度があるのか調べてみました!

実験方法は、1.25kgの重りを吊るしゴムの長さを計測するというものです。その結果から下記のことが分かります!

  • 伸びる距離が短い→ゴムが丈夫
  • 伸びる距離が長い→ゴムが残念

結果はこうなりました!


普通輪ゴム→15.8cm

白色輪ゴム→12.5cm

灰色輪ゴム→13.9cm

黒色輪ゴム→14cm

まさかまさかの普通の輪ゴムが一番びよーんと伸びました。つまり一番強度が弱いのは普通の輪ゴムということになります!

この輪ゴム、だいぶ昔に購入したもので箱も残っておらず、どこの輪ゴムだったか不明なのですが、100均のモノではありません

古いから劣化していて強度が落ちている可能性もありますが…正直100均の輪ゴムに負けるとは思いませんでした。

逆になかなかの好成績をおさめてくれたダイソーのモノクロゴムバンド!

おもしろいのは色によって微妙に強度が違うということ!上の結果で言えば、白が一番強度があるということになりました!

生活感たっぷりだった輪ゴムがオシャレに

モノクロゴムバンドの一番の売りは色!

『白・灰・黒』の3色の輪ゴムで、いつもと一味ちがったオシャレを楽しむことが出来ます

ということで、オレンジ色のノーマル輪ゴムと、モノクロゴムバンドを使っときの違いを写真でご紹介!

まずは普通の輪ゴム。見慣れた感じの仕上がりですね。生活感たっぷりです。

続いて白色輪ゴム。なんだか清潔感が生まれます!

続いて灰色輪ゴム。なんとも落ち着いた雰囲気で大人っぽい仕上がりです!

最後に黒色輪ゴム。締りが良く見えます!整ってる感じがあります!

と、普通の輪ゴムと比べて『白・灰・黒』の輪ゴムを使うことで、生活感が薄れオシャレな感じに仕上がります

が、正直なところ思ってるほどインパクトはありませんでした。。

ということで!!

3色同時に使ってみました!!

間違いなく3色同時使いが一番オシャレ!モノクロ感たっぷりです!

贅沢で面倒ですが「よりオシャレを演出したい」という時は1本ではなく2本、3本、4本と組み合わせることでガラリと雰囲気が変わりますので是非お試しを!

80gって何個入り?

モノクロゴムバンドは80g入りという表記だけで、何本入りなのか記載はありません。

上の写真が、箱から全部出した輪ゴムたちです。けっこうな量がありますが、何本あるか想像つきますか?

モノの数や長さをパッと見で判断するのが苦手な私は1,000本あるのでは?と予想しました!

気になるので実際に数えてみたいと思います!

ついでにすべての色が均等に入っているのかもチェックします!

結果は

  • 白色→201本
  • 灰色→212本
  • 黒色→122本
  • 合計→535本

という結果になりました!

1,000本はさすがに入っていませんでしたが、なかなかの量です!535本あれば1日1本つかっても1年以上持ちますね!ちなみに、1本あたりの値段は0.2円ということになります!

あと、白色と灰色に比べ、黒色がかなり少ないということも分かりました!なぜなんでしょうか?理由はハッキリ分かりませんが黒は貴重ですね!

残念:色付きはちょっと割高

さきほど本数を数え、モノクロゴムバンドは535本入っていることが分かりました!

535本でもけっこう大量ですが、ダイソーにはオレンジ色した、いわゆる一般的な輪ゴムの販売もあります!

なんとこちらは、100g入りで108円!モノクロより20gも多く入って同じ価格です!

モノクロは着色料金が含まれるのでちょっと割高になってしまうんですね。もし「色なんてどうでもいい!」というのであればノーマルカラーのゴムバンドがオススメです!

ちなみに、ダイソーにはモノクロゴムバンドの他に、5色のカラフルなゴムバンドの販売もあります。こちらもモノクロ同様80g入りなので535本ぐらい入っていることになります!

スポンサーリンク

ダイソー モノクロゴムバンドまとめ

  • 100円で色付きでも、ちゃんと使える輪ゴム
  • オシャレを楽しめる輪ゴム
  • 80g=輪ゴム535本

当たり前のように使っていたオレンジ色した輪ゴムが白・灰・黒になることで、不思議とちょっとだけ高級感?贅沢感?のようなものを感じられますよ♪

オレンジ色した輪ゴムに強いこだわりがないのなら、是非一度モノクロゴムバンドでちょっとした変化を楽しんでみてください♪