工具・ガーデン

HiLetgoのデジタル温度計5個セットが安い!精度や使い勝手を検証

実験をもっと気軽にしたい!

という、ちょっとマニアックな理由で購入したのが今回ご紹介するHiLetgo5個セットデジタル温度計です!

5個セットで価格は約1,000円。1個あたり200円ほどになる破格な温度計です!(2018年12月27日時点)

実際に使ってみた感想をザックリ言うと

  • シビアな温度測定には向かない
  • だいたいの温度が知りたいならコスパ最強
  • 電池は別途必要

といった感じで、条件によってはかなりコストパフォーマンスに優れる温度計だと分かりました!

ということで!そんなHiLetgoの5個セットデジタル温度計を詳しくレビューいたしますので、気になっていた方は是非参考にしてみてください!

HiLetgo デジタル温度計5個セット 基本情報

スペック

名称 デジタル温度計5個セット
メーカー HiLetgo
温度範囲 -50℃〜110℃
温度測定精度 ±1℃
使用電池 LR44電池×2個

開封・デザイン

Amazonから到着したHiLetgoデジタル温度計5個セット!

開封してみると袋に入った温度計が登場です。あれ?Amazonのページには箱の写真が…安いので気にせず行きます!

袋から取り出し温度計5つを並べてみました。なぜか写真中央の温度計のみ液晶の色が若干違います…安いので気にせず行きます(動作に問題はありませんでした)

デジタル温度計1つあたりのサイズは縦横4.8×2.8cm。高さが1.6cmです。

手に持ってみるとこのぐらいのサイズ感。

コードの長さは測ってみるとちょうど1mでした。

水の中もOKなコードの先端です。ここで温度を測定します。

本体裏側には電池を入れる場所があります。スライドしフタをあけるタイプです。

LR44電池を2つ使います!購入時、電池は付属しません

起動!液晶いっぱいに大きな数字が表示されました。

電源ON/OFFのスイッチや、バックライトのスイッチなどはありません。

電池込み、1つあたりの重さは約26gです。軽量です!

スポンサーリンク

HiLetgo デジタル温度計5個セット 満足ポイント

精度を求める方にはNG!少々ずれてもOKなら便利

デジタル温度計5つと、以前にご紹介したデジタルIN-OUT温度計をつかって部屋の温度を計測!

はい!どれが本当の温度なのか分かりません!バラバラです。。

今回ご紹介しているHiLetgoの温度計5つの精度は±1℃、デジタルIN-OUT温度計の精度は±1〜2℃。

よって、どれが正解とはハッキリ言えません。

ただ、温度計を見ると15.4℃〜15.9℃の間で、差は0.5℃です。

多少のズレはありますが、シビアに温度管理をする状況でなければ悪くない精度といえるのではないでしょうか!?

いちおう温度が低いときと高いときで誤差が出るかもしれませんのでチェックしてみました。

上記が冷凍庫の中の温度。やはり全てが全く同じ温度にはなってくれません。

-18.4℃〜-19.2℃という開きです。差は0.8℃です。

続いて沸騰したお湯を計測。(デジタルIN-OUT温度計は70℃までしか測れないので除外)

結果は93℃〜95.1℃。差は2.1℃でした。

実験をまとめると

平常時 低温 高温
温度差0.5℃ 温度差0.8℃ 温度差2.1℃

という結果となり、高温を測る場合にやや温度差が広がりました。

ただ、お湯を計測した時はどんどんお湯の温度が下がっていく状況だったので、タイミングによっては温度差1℃より小さい時もありました。

ということで!繰り返しにはなりますが

シビアな温度計測には向かないけど、ある程度ズレてもOKな場合には活躍できる温度計です。

反応が早い

ずっと同じ場所の温度を計測し続ける場合には気が付かないことなんですが

このデジタル温度計5個セットはなかなか感度がよく、反応が早いです!

上記は、冷凍庫から同時に外へ出し1分が経過した時の状態です。

写真左、デジタルIN-OUT温度計は-4.6℃。一方の写真右HiLetgoのデジタル温度計5個セットは早いもので4.3℃というものがあります。

その差は8.9℃。圧倒的速さで現在の温度へと向かっています!

両方とも8秒に1度、新しい温度に切り替わるんですが、5個セット温度計のほうはサクサク温度が変わっていきます!

今までは場所を移動すると15分〜30分ぐらい待たないと正しい温度が分からなかったのに、デジタル温度計5個セットを使うことで約半分の時間で正しい温度が分かるようになり時短で便利です!

スポンサーリンク

HiLetgo デジタル温度計5個セット 残念ポイント

電池は別途必要

HiLetgoのデジタル温度計5個セット、私はアマゾンで1,000円ちょっとで購入できました。(2018年12月27日時点)

5個セットなので1個あたり200円とかなりお買い得です。

ただ、残念なことに購入時は電池が入っておらず別途用意する必要があります

しかも対応電池がLR44というボタン電池で家に常備するようなタイプの電池ではありません。

仕方がないので100均ダイソーで購入しましたが、2個入りで100円でした。本体が1個200円なので高く感じてしまいます。。

温度計5個全てを起動させるには10個のLR44電池が必要になるのでダイソーで2個入りを5個買って540円使いました。本体と電池代を合わせると1500円オーバー。。

本体が安いぶん、電池代にけっこうつかった印象があり残念ポイントとしました。

ちなみにアマゾンなどネットで大量購入すれば安くすみます。しかしながらレビューを見てみると「新品なのに使えない!」「使用済みの電池と混ざってる!」という、なんとも恐ろしいレビューが多発してるので今回はスルーしました。

もう1つちなみに!コンビニにもLR44電池は売ってます。ただし!1個350円ぐらいします。2個じゃなくて1個です。。たけぇ…

スイッチON/OFFは無し

HiLetgoの5個セット温度計はとってもシンプルな作りです。

それゆえに、電源をON/OFFするようなスイッチがありません

常時温度を表示しつづけたい方には必要ないと思いますが、私のように実験のときだけ使いたい!という場合にはスイッチが無いのはちょっと残念です。

電池は比較的カンタンに取り外しが出来ますが、やっぱりちょっと面倒です。

ということで!現在ダイソーで購入した電池をつかい、つけっぱなしで何日持つのか検証中です → 9ヶ月経過

HiLetgo デジタル温度計5個セット レビューまとめ

  • シビアな温度測定には向かない
  • 少々のズレがOKなら安くて便利
  • 感度が良い
  • 電池は別途必要

5個セットなので一度に様々な場所の温度が測れ、実験大好きな私にとっては「なんとコスパの良い温度計なんだ!」な商品でした。

0.1度の狂いも許されない!そんな状況下で使用するのはオススメできませんが、それ以外であれば十分に使える温度計です。

目で見て数字が分かるのは楽しいですし、分かりやすいです!気になった方は是非チェックしてみてください!

その他の温度計レビュー記事はこちら
デジタルIN-OUT温度計
服装をミスる前にデジタルIN-OUT温度計をキャンプへ持っていこう!キャンプに温度計は必要? その答えは キャンプに温度計があることで「寒い」「暑い」と感じた瞬間の温度を知ることができ次回のキ...
dretec デジタル温湿度計
精度は良好!シンプルオシャレなdretecデジタル温湿度計をレビュー冬は乾燥が気になりますし、夏は熱中症が気になります。 そこで!温度と湿度をシンプルにチェックできるものはないか?とたどり着いたのが...
MYCARBON 赤外線温度計
赤外線温度計を使えば熱くて触れないモノもボタン1つで簡単温度測定今回ご紹介するのは触れることなく何でも温度を測れてしまう『赤外線温度計』! 赤いレーザーが飛び出し、まるでシューティングゲームをし...