アウトドア・スポーツ

100均セリアのLEDヘッドライトが明るすぎ!ダイソーとの比較あり

ダイソーLEDヘッドライトの良さに感動し、2個めを購入しました!

今回購入したのは100円ショップ『セリア』の1個100円で購入できるLEDヘッドライトです!

ということでこの記事では、実際に使ってみて分かった

  • めちゃくちゃ明るい
  • ON・OFFが簡単
  • 取扱い注意!顔面強打の恐れ

上記をメインに、ダイソーのヘッドライトと比較しながら、レビューしてみましたので、安くLEDヘッドライトを探している方は参考にしてみてください♪

セリア LEDヘッドライト 基本情報

名称 LEDヘッドライト
メーカー セリア(グリーンオーナメント)
連続点灯時間 約9時間
使用電池 単4電池×3
材質 本体:ポリプロピレン  レンズ部分:ポリスチレン  クッションパッド:EVA樹脂  スイッチボタン:塩化ビニル樹脂  ゴムベルト:ポリエステル  ベルトクリップ:ABS樹脂

開封・特徴・デザイン・使い方

こちらが100円ショップ、セリアで発見した価格108円のLEDヘッドライトです!

おおまかな特徴は

  • 1LED
  • 連続点灯時間は約9時間
  • 単4電池を3個使用
  • 非防水

となっています。

では開封し本体のデザインをご紹介!

ボディは黒色で材質はプラスチック、チープです。

ゴムベルトベルトも黒ですが、赤い文字やラインがひときわ目立つデザインです。

LEDヘッドライトは7×6×5.8cmとそこそこ大きいです。Lサイズのタマゴより一回り大きいかなという感じです。

つづいて、ヘッドライトの可動領域。上の写真は正面を向けてます。

 

180度も可動します!

足元はもちろん、自分の顔まで照らせます!

上の写真だと90度と180度でしか固定出来てないように見えますが、ちゃんと好きな角度でライトの向きを固定できます

つづきまして、ゴムベルトを

ゴムベルトにはベルトクリップがついているので長さを調整可能です。そもそもゴムベルト自体がけっこう伸縮するのでどんな方でも装着可能です♪

続いて本体裏となる背面。ここがおでこにくっつく部分ですがスポンジゴムのような素材でフィット感がやや向上します。

背面を可動させると電池を入れるところが登場。

ちょっと面倒ですが、電池をいれるには細いプラスドライバーが必要です。ネジをあけるのは1ヶ所のみ。

フタをあけると単4電池3つをいれられるようになってます。

電池は付属してませんので別途用意する必要があります。100均なら100円で単4電池5個ぐらい購入できるので合わせてどうぞ!

ではお待ちかね!点灯させます!

スイッチは本体下に丸いボタンがあるのでここを押します!

めちゃくちゃ明るい!

明るい野外でのスイッチオンでしたが、真っ白なLEDライトが直視できないほど明るい光を放ちます!

スポンサーリンク

セリア LEDヘッドライト 満足ポイント

100均商品だけどかなり明るい

私が所有するヘッドライトはこれで2つ目です。1つ目はダイソーで購入したヘッドライト。

ということでダイソーのヘッドライトと比較した場合

セリアのLEDヘッドライトはめちゃくちゃ明るいです!

カメラで撮影した写真になるので上手く伝えられないかもしれませんが、2つを比較した写真を!

どうでしょうか?セリアのほうがピカー!!と強い光を放っているように見えませんか?

上2枚の写真を上から撮影すると

こんな感じに。セリアのほうが光が強く、遠くまで照らしてるのがお分かりいただけるかと思います!

この写真は、およそ5メートル先を照らした様子です。5メートルぐらいなら強烈に照らします。

ちょっと写真は無いのですが、30m〜50m先ぐらいまでなら光が届く印象でした!

続いて近距離である手元を撮影してみます!

まずダイソー。ダイソーのヘッドライトもそこそこ明るいので手元をしっかり明るく照らしてくれます。

そしてセリア!光が強すぎて手元ぐらいの距離だと白飛びしちゃってます!

このようにセリアのLEDライトは、単4電池を3つ使ううえにライトの色が白ということもあり、かなり明るく照らすことのできるLEDヘッドライトでした!

キャンプではもちろん、車の中に常備させたり、夜釣り、防災グッズとしても十分に活躍できるヘッドライトです!

スイッチON・OFFが簡単

こちらもダイソーのヘッドライトとの比較になってしまうんですが

押すタイプのスイッチはとってもやりやすいです!

ダイソーのヘッドライトはスイッチ式ではなく、回すタイプだったので、便利さでいえばセリアに軍配が上がります!

単4電池が使えるのは嬉しい

セリアのLEDヘッドライトは残念ながら購入時に電池が付属してきません。

しかし、単4電池といえば、様々な電化製品などにも使用される汎用性のある電池!

スーパーでもコンビニでも100均でも絶対に売っている電池なので満足ポイントとしました!

スポンサーリンク

セリア LEDヘッドライト 残念ポイント

装着時は顔面強打に注意

ここからは残念ポイントを。

まず1つ目が装着時の顔面強打

ダイソーのヘッドライトは37gだったのに対し、セリアは82gと2倍以上重く、本体そのものも大きいです。

このため、ゴムベルトに遊びが出来ると上から落ちてきます。

実際に私が「痛い」思いをしたときのことを再現しますと

「うーん。ヘッドライトの位置がしっくりこないな。よし!調整しよう」

「よいしょと」

ガン!!

「いってぇぇえええ!」

分かりづらい再現でしたが、伝わったでしょうか?

ゴムが入った、パンツやズボンなどを履くときのことを思い出してほしいんですが、きっとみなさん前へ後へゴムベルト引っ張りつつ上へと上げてるはず!

そんな要領でヘッドライトのゴムベルトを調整したら、重力によってヘッドライトが私の鼻に強打です。本当に痛かった・・・

ということで、位置調整をする場合は出来るだけ本体近くのゴムベルトを手で持ち調整してください。

キャンプで使うには明るすぎる気も・・・

最後の残念ポイントは、私が個人的に感じたことですが

キャンプで使うには少々明るすぎるのでは?と感じました。

満足ポイントでもご紹介しましたが、セリアのLEDライトは想像以上に明るく、遠い場所まで照らせ大変便利です。

トイレへ行くときなどは良いかもしれませんが、サイト内で手元を照らす場合には眩しすぎます

おまけにライトの色が白なので

ぬくもりを感じないというか、なんというか。。

ということで、私は光量は弱いけどダイソーのヘッドライトのほうが好みでした。

ちなみに、ヘッドライトは光を向けられると相当眩しいので、他のキャンパーさんに迷惑がかからないよう使用しましょう。

セリア LEDヘッドライト レビューまとめ

  • 100均だけど、かなり明るいLEDヘッドライト
  • スイッチON・OFFが簡単
  • 顔面強打に注意

100円という安価で購入できるLEDヘッドライトでしたが、想像以上の明るさに驚いた商品でした!

今回はキャンプで使用する場合をメインにご紹介しましたが、光量がしっかりあるので様々なシーンで活躍できること間違いなしです!

気になった方はセリアへGOです!単4電池の購入も忘れずに!

▼記事中の比較として登場したダイソーのLEDヘッドライトのレビューはこちら

【ダイソー200円】頭につけるライト『LEDヘッドライト』がキャンプで便利すぎる!今回ご紹介するのはダイソーのLEDヘッドライト! 頭に装着するライトだからヘッドライトです!車のライトじゃありません。 キャ...
ランタン・照明器具 キャンプ用品ランキング
【ランタン・照明器具】買ってよかったキャンプ用品ランキング2019年9月11日ランキング更新 キャンプ必需品アイテムの1つランタン! キャンプ場は夜になると真っ暗になってしまうことがほと...