家電・カメラ・AV機器

徹底レビュー!BOSEサウンドリンクマイクロは防水コンパクトでアウトドアに最適

BOSE SoundLink Micro speaker

アウトドアで音楽聞きたい!湯船に浸かりながらまったり音楽聞きたい!

そんな願望を『BOSE SoundLink Micro speaker』が叶えてくれます!

BOSEならではの低音がしっかりきいたクリアな音を楽しめるのはもちろん、コンパクトで防水&高耐久とアウトドアにはもちろんお風呂場なんかでも気軽に心地よいサウンドが聞けるようになるんです!

そんなBOSEのサウンドリンクマイクロスピーカーを実際に使ってみて分かった良かった点や微妙だった点を詳しくレビューいたします!

BOSE SoundLink Micro speaker基本情報

スペック

名称 BOSE SoundLink Micro speaker
メーカー BOSE
サイズ 9.83×9.83×3.48cm
重量 290.3g
入出力 Micro-B USB端子
ワイヤレス通信距離 最大9m
バッテリー 最大6時間連続再生

開封・内容物

今回はアマゾンではなく音をちゃんと確認したかったのでビックカメラに行って買ってきました!

裏面にはサウンドリンクマイクロスピーカーの売りでもある防水をアピールした写真が!隣の文字はガッツリ英語です!

スライド式でメインの箱が登場します。

箱をあけるとBOSE SoundLink Micro speakerのお出まし!

今回はオレンジ色をチョイスしました!写真はちょっと色がくすんでいますが、発色の良いオレンジです。カラーはオレンジの他に『黒』と『ミッドナイトブルー』がありました!三種類のようです。

店頭では3種類全部が展示してあったのですが、黒は本当に真っ黒といった感じで指紋が目立っていました。そしてミッドナイトブルーは黒をもう少し薄くした濃い紺のような色でした。

本体の下にあったカバーをあけると同封物が出てきます

黒い包み紙が出てきました。

中には簡単な説明書と注意事項などがかかれた紙、保証書が入っていました。注意事項の紙が分厚いですが、日本語は3ページだけでした。また簡単な説明書は本当に簡単なもので6行ほどでした(笑)

さらに箱の奥へ進むとUSBケーブルが登場。こちらは『Micro-B USB端子』となっており、アンドロイドなどで使うケーブルと同じです。

コンセントにさすアダプター部分は付属していませんので注意してください。

ということで内容物はスピーカー本体と、USBケーブル、説明書、保証書、注意事項が書かれた紙でした。

デザイン

それではここからBOSE SoundLink Micro speakerのデザインやパーツ部分を見ていきたいと思います!

こちらがスピーカー本体の正面!横幅と縦幅は9.83cmで厚みは3.48cmです。男性なら手でしっかり握れてしまうコンパクトさ!BOSEのスピーカーで一番小さいモデルです。

ボタンは左右に『+』と『−』、そして真ん中には『マルチファンクションボタン』があります。

各種ボタンについては後ほどお伝えします!

上から見たBOSEスピーカー!USBケーブルを差し込む部分がむき出しです。横には『電源ボタン』と『ブルートゥースボタン』があります。USBを差し込む下にはLEDが点灯する場所があります。

下から見たBOSE SoundLink Micro speaker!

背面です。黒いシリコンのストラップがついています。柔らかいけど強度があり、引っ張ると少し伸びます

シリコンストラップを外すとこちらにも音が出るであろうスピーカー部分が!

シリコンストラップの先っぽは上の写真のような形状になっており

こちらにある穴に引っ掛けることができます!

このストラップ、ビックリするほど簡単に外れます。「え?何かに引っ掛けて使うけどこんな簡単に外れて大丈夫?」と不安でしたが使用時はがっちりロックされます。

付属していたUSBケーブルは長さ約50cmと少し短めでした!

ボタンの説明

ざっくりとですが本体にあるボタンについて説明いたします。

本体上にある電源ボタンでON/OFFが可能です。電源ONのときは上の写真のように端の白いLEDライトが1つ点灯します。

反対側にあるブルートゥースボタンは長押しすることで青いライトが点滅し接続待機状態となります。スマホなどから接続できるようになります。

正面にある+ボタンと−ボタンは音量調整に。そして真ん中にあるマルチファンクションボタンは再生中の音楽を一時停止できます。

またこのマルチファンクションボタンをつかってSiriやGoogle Assistantを呼び出したり、電話に出れたりします。(詳しくは後ほど)

充電の時の様子もお伝えします。

空の状態から充電をはじめるとバッテリー残量に合わせて丸いライトが点滅します。時間の経過とともに1つずつ点灯が増えていきます。

充電が完了すると上の写真のように5つのライトが点灯状態となります。

スポンサーリンク

BOSE SoundLink Micro speaker6つの満足ポイント

満足1:さすがBOSE!低音に大満足!

スピーカーの知識が乏しい私でも知っているBOSEと言えば「低音」がすごいということ。

知識は乏しくとも出来るだけ良い音を楽しみたいと言うことで実際に電気屋さんで同じコンパクトタイプのスピーカーと聴き比べてきました。

その差は歴然!

さすがBOSE!ベース音やドラムのキック音など低音がはっきりと聞き取れます!もちろん、ただうるさいだけの下品な低音ではなく丸みのある柔らかい低音です。低音がしっかりきいてる証拠としてスピーカー本体を手で持ってみると振動がきます!

他のスピーカーは低音が弱く一言で言えば「ちゃちい音」がするんですが、BOSEのSoundLink Micro speakerは低音がしっかりしてるので音に厚みがあります!

また高音、中音もなかなかのクリアさで低音に押しつぶされず全体的にバランスが良いです!コンパクトなのにすごい!

音のバランスが良いのでジャンル問わず色々な音楽を良い音で楽しめます。もちろんYoutubeなどの音も再生できますよ♪

正直言うと、BOSEが定価1万円を超える価格で、他の同じようなスピーカーは高くても5,000円ほどと半額以下だったので「安いのでいいかな」と迷っていました。

しかし一度“音”を聞いてしまうとダメですね(笑)「こんなに違うのか!」と衝撃をうけました。安い方を購入してたらBOSEの音を思い出し間違いなく後悔していたと思います。

ちなみに同じBOSEのもっとお値段する立派なやつも視聴してきました。やはり値段に比例して素人でも分かるレベルで音がよくなります。とくに『SoundLink Revolve』は半端なく良かったです!

満足2:どこへでも安心して持っていける

スマホなどもどんどん防水になってきていますが、やはり防水機能があると安心しますよね?

そんな防水機能を兼ね備えるSoundLink Micro speaker

公式情報には何度でも水に濡らしてOK!水深1mまで沈めてもOKとあります!

ちょっと怖いですが家で音楽再生中のスピーカーを濡らしてみることにしました

ジャーーーー!!!!

なんかスピーカーの穴がぷくぷくしています!音圧というやつでしょうか!?

約30秒ぐらい大量の水を浴びさせました。

再生中だった音楽はかかったままですが音がめちゃくちゃこもってます。

「え?壊れた?」

と思いスピーカーについた水をきるとしっかり元通りの音になりました!素晴らしい!!

それからもう一つ。気になっていた部分があります。

フタなど無くむきだしとなっていたUSBケーブルを差し込む部分。ここも豪快にシャワーを浴びさせました

結果は問題なく音楽は再生され続けます!そして水気を拭き取りケーブルをさせばバッチリ充電できました!

最後に水の中に沈めてみたいと思います!

水深1mの実験は家ではできないので洗面器で

どうなるか!

おおおお!ぷくぷくしてます!ちゃんと動作しています!ただ音は何の音楽か判断できないほどこもっています(笑)

救出。ばっちり生きてます!これならどんな豪雨でも大丈夫です!アウトドアにぴったり!

ちなみに海水でも大丈夫のようです!ビーチにも安心して持っていけちゃいますね!

防水は完璧でしたが耐久性のほうも素晴らしく、本体がシリコン素材なので衝撃にも強いです。小さいのでうっかり落としても壊れないし傷もつきづらいです!

ということで、外でも家でもお風呂場でもどこでも安心して音楽を楽しめるスピーカーでした

濡れても大丈夫だし、衝撃にも強いスピーカーですが、「裸で持ち運びたくない!」という方はセリアのスクエアポーチがオススメですよ♪

セリア スクエアポーチ
小物を持ち運ぶならセリアのスクエアポーチが安くてオシャレ!細々したモノを持ち運ぶ時どうしてますか? メインで使用するバッグのポケットなんかに入れてる方が多いかと思いますが 「出先で小...

ちなみにですが濡れてしまったスピーカーの後処理として

タオルなどで拭き取れば元通りの音に戻ります

上の写真のように拭き取ればキレイになったように見えますが

パンパンパン!と手で叩くとティッシュがびしょびしょになるほど小さな穴から水が溢れてきます(笑)

ある程度キレイに拭き取れば使用に問題はないですが、なんとなく嫌だったので中から出てくる水をしっかり排出しました。

しかしこれがなかなか大変(笑)次から次に水が出てくるのでめちゃくちゃ時間かかりました!神経質な方は濡れるとお掃除が大変なので注意してくださいね!

満足3:シリコンストラップが便利

スピーカー背面についているシリコンストラップ。これがあるおかげで棒状のものに引っ掛けることができるんです!

キャンプでつかうポールに引っ掛けてみました。何かとモノがあふれかえる我が家の机の上。そんな時もポールなどに引っ掛けておけばスペースをとりません!

しかもアプリ『BOSE CONNECT』があれば操作は全てスマホから可能です。(BOSE CONNECTの詳細はのちほど)

お風呂場にある物干し竿なんかにも設置できますし、自電車のハンドル部分やバッグなんかにも吊り下げれるようです!

そしてポールや物干し竿のように丸い棒でなくても引っ掛けることが可能です!

ポン起きするとちょっと音がこもるので100均セリアで購入したスマホスタンドを本体のシリコンストラップに引っ掛ければ斜めに立てることもできます。

このようにストラップはシンプルな作りなのに使用時はガッチリ固定されるので安心して使えます!

セリア シリコン携帯クリップ
セリアのシリコン携帯クリップが自由に曲げれて便利すぎる!以前ご紹介したコンパクトながらに高音質なBOSEサウンドリンクマイクロスピーカーにはストラップがついており棒があれば吊るせて様々な場所か...

と、何かと便利なシリコンストラップですが弱点もあります。

細くつるつるした棒だとずるずると落ちていってしまいます。写真のハンガーが直径約7mmです。直径1cmぐらいあればしっかりロックされそうです。

逆に太すぎるとストラップが届かなくなり引っ掛けることが出来ませんので注意してください。ちなみに上の写真が我が家にある一番太い直径3cmの棒ですが、もう少し太かったら厳しいかもという状況でした。

満足4:バッテリー残量が分かりやすい

野外などで使うときに気になるのがバッテリー残量。

そんなバッテリー残量を電源をONにしたときに『声』で伝えてくれます。(音声ガイドをONの時)

「バッテリー◯◯%△△接続済みです」と言葉で伝えてくれるので充電のタイミングを簡単に知ることができます!

ちなみに◯◯に入るバッテリー残量は10%刻みで伝えてくれ、△△の部分は接続したスマホなどの名前が読み上げられます。

またスマホ画面のブルートゥースマークの隣にもバッテリー残量が表示されますし専用アプリにもバッテリー残量が表示されます。

バッテリーは空の状態から満充電まで約4時間ほど。再生できる時間は再生する時の音量に左右されます。

野外で少し大きめの音で使用したときは公式情報どおり6時間ほどでバッテリーが100から0へとなりましたが、小さい音量で6時間ぶっ通しで聞いた時は20%しか減りませんでした!

満足5:BOSE CONNECTが便利

BOSE専用アプリ『BOSE CONNECT』というアプリがあります。

BOSE公式もBOSEスピーカーを購入したらインストールすることを推奨しており、実際につかってみるとめちゃくちゃ使いやすいので是非インストールすることをオススメします

アプリを入れることで出来ることは

  • 電源ONが1スワイプ(本体にふれる必要なし)
  • 音声言語を変えられる(13言語)
  • 音声ガイドのON/OFFができる
  • 自動オフタイマーの時間を変更できる(初期値20分)
  • 対応BOSEスピーカーが2つあればパーティーモードorステレオモードにできる
  • スピーカーに名前をつけれる
  • 取り扱い説明書が見れる
  • よくある質問を見れる
  • 接続を切断できる(切断ボタンを押した後、自動オフタイマーで設定した時間を待てば電源がきれる)

と、アプリ上でわかりやすく操作可能です。もちろんアプリがなくとも上の黄色く塗ってあること以外は操作可能です。

ただアプリ無しだと◯◯ボタンを何秒押してや、◯◯ボタンと◯◯ボタンを同時押しで、と覚えるのが大変です。

アプリをインストールできる環境であれば是非アプリを導入してみてください♪スピーカー本体に触れなくとも操作できてとっても便利ですよ

満足6:Siri、Google Assistantにも対応

対応した機器が必要となりますがiPhoneやアンドロイドがあれば『Siri』や『Google Assistant』を呼び出すことが出来ます。

呼び出し方はスピーカー本体『マルチファンクションボタン』を長押しします。

あとはスピーカーにむかって『音楽かけて』や『今日の天気は?』と語りかければスピーカーから音楽は再生されますし、天気もスピーカーから声が出て教えてくれます!

スポンサーリンク

BOSE SoundLink Micro speaker2つの残念ポイント

残念1:音を大きくすると荒くなる

BOSEサウンドリンクマイクロはコンパクトながらにボリュームをあげていくと大音量になります。

迷惑にならない場所でボリュームを最大まであげてみましたがかなりの爆音でした!(私が家で使う時は最大音量の3分の1以下です。)

実際にボリュームMAXにして分かったのは「音割れはないが、音が悪くなる」というものでした。

最大時は音が荒くなり「良い音」ではなくなります。小柄なボディで無理して大きな音をだしているという印象です。

ただ、そんな爆音で使うことは無いので私は満足ですが、もし大音量で高音質を求めるなら違うスピーカーにしたほうが良さそうです。

残念2:音楽再生中の着信

おそらく多くの方がスマホに入っている音楽を再生させると思います。

ブルートゥースによって接続するためスマホに着信があるとスピーカーで大々的に着信をお知らせしてくれます(笑)

着信中は音楽が一時停止状態となり、皆で音楽を楽しんでいるときに着信があると雰囲気ぶちこわしです(笑)

電話はスピーカー真ん中にあるマルチファンクションボタンを押すことで電話に出ることができ、スピーカーにむかって話しかければ通話ができます。もう一度ファンクションボタンを押せば通話終了となります。

もちろんかかってきた電話をスマホで出ればスピーカーから声は出ませんのでハンズフリーが嫌な場合はスマホで電話をとってください。

当然ながら通話中も音楽の再生はストップしてしまい、通話が終了すれば音楽再生へと戻ります。

こういったことが嫌な場合は着信することのない機器をつかうことをオススメいたします!

スポンサーリンク

BOSE SoundLink Micro speakerまとめ

  • アウトドアで音楽を楽しみたい人にオススメ
  • 低音を愛する人にオススメ
  • 防水性能が欲しい人にオススメ
  • 持ち運びできるスピーカーを探している人にオススメ

音良し!コンパクト!防水!高耐久!と良い事づくしなサウンドリンクマイクロスピーカー!購入してからというもの毎日お風呂場へ持っていき自分の好きな音楽を楽しんでいます♪

キャンプ場へも持っていきましたが自然の音+自分の好きな音楽のコラボも最高でした♪(迷惑がかからないボリュームで!)

もし、ワイヤレススピーカーの購入で迷っていて安いのとBOSEので迷っているなら店頭で一度聴き比べてみてください、「おお!ぜんぜん違う!」となるはずです♪

スポンサーリンク

ノミネート

BOSE サウンドリンクマイクロスピーカーは以下の記事にノミネートされています!

買ってよかったキャンプ用品ジャンル別1位
買ってよかったキャンプ用品ジャンル別1位はコレ!2019年1月30日ランキング更新 山ほどあるキャンプ用品。 多いからこそ「どれにしようか!」と選ぶ瞬間が最高に楽しいですよね!...
その他のアイテム キャンプ用品ランキング
【その他】買ってよかったキャンプ用品ランキング2019年2月8日ランキング更新 大きなカテゴリには属さない『その他のキャンプ用品』を買ってよかった順にランキングにしてみました! ...
2018年買ってよかったモノ:普段使い編BEST10
【2018年】買ってよかったモノBEST10:普段使い編モノをレビューするブログ『モノレビュ』2018年最後の記事は 2018年に買ってよかった普段使いのモノBEST10をご紹介いたしま...