ホーム・キッチン

ダイソーほいっぷるんをレビュー!泡立てネットを超えるクリーミーな泡が実現

ダイソー ほいっぷるん

100円ショップダイソーで見つけた「濃厚もっちり泡がたっぷりできる」と言う商品『ほいっぷるん』

普段は泡立てネットをつかった洗顔をしているんですが、やっぱり泡はきめ細かいほうがいいよね!ということで購入してみました。

実際にほいっぷるんを使ってみると、キャッチフレーズどおりのきめ細かいなめらかクリーミーな泡を作ることに成功!

しかしめんどくさがり屋な私には少々使いづらい商品でもありました。

ということで、この記事では泡だてネットとの比較や、使いづらいと感じたことをレビューします

ダイソー『ほいっぷるん』基本情報

スペック

名称 ほいっぷるん
メーカー ダイソー
サイズ 直径8.5 × 高さ11cm
材質 ポリプロピレン

デザイン

こちらが100均ダイソーで購入してきた、濃厚もっちり泡がたっぷりできる『ほいっぷるん』です!

価格は100円+税でした。

パッケージ背面には『使い方』が写真つきでしっかり掲載されています。(詳しくは後ほど)

パッケージを外した『ほいっぷるん』の姿です!

プラスチック素材でカラーは乳白色。おそらくこのカラーのみの販売です。

サイズは直径8.5cm、高さが最大で11cmあります。

上からみたほいっぷるん。

パーツは2つ。ポンピングするほうのパーツには丸い穴がたくさん!この穴によってもっちり泡が作れるようになります。

スポンサーリンク

ダイソー『ほいっぷるん』の使い方

固形石けんで泡作り

ほいっぷるんを使って実際に泡作りしてみます!

まずはスティック側の穴がいっぱい空いた部分に固形石けんをこすりつけます。

洗顔フォームなどは穴のところに付着させればOKです。

大根おろしを使うようなイメージでゴシゴシこすりつけます。

穴に固形石けんが付着しました。

続いてコップのほうに水を少量。水の量を変えることで泡の硬さを調整できますのでお好みで!

あとはひたすらシュコシュコとポンピング!gifでは片手でやってますが、フタを抑えながらやったほうがやりやすいです。

シュコシュコすることでどんどん泡立ってきます!上のgifはおよそ20回ポンピングしました。

完成した泡がこちらです!しっかりもちもちの泡が完成しました!

  1. 石けんをこすりつける(洗顔フォームを塗りつける)
  2. 水をコップに入れる
  3. ポンピング

この3ステップでもっちり泡の完成です!

片付け方

使い終わったら、フタを下に、コップを上にすることで水切れがよくなります!

スポンサーリンク

ダイソー『ほいっぷるん』満足ポイント

なめらかクリーミーな泡を作れる

ほいっぷるんのパッケージに『泡立てネットよりきめ細かい泡が簡単につくれる!』という言葉がありますが、この言葉どおり

ほいっぷるんを使うことで泡立てネットよりきめ細かい泡を作ることができます!

ということで実際にほいっぷるんと泡立てネットを使った比較をご紹介!

泡が出来上がりました。アップで見てみると

ちょっと違いが分かりづらいかもしれませんが、ほいっぷるんのほうが確実に「きめ細かい」です!

こうして近くで比較してみると『ほいっぷるん』のクリーミーさが分かるかと思います!

触ってみた感じも

  • 泡立てネット → 弾力がありパサパサしている
  • ほいっぷるん → もっちりなめらかクリーミー

といった感じで、ほいっぷるんを使うことで泡立てネットでは作れないきめ細かい泡を作ることが可能となります!

スポンサーリンク

ダイソー『ほいっぷるん』残念ポイント

泡をつくるのに時間がかかる

ほいっぷるんを使えばなめらかクリーミーな泡が作れるのですが、正直言うと

ちょっとめんどくさい。。

これがめんどくさがり屋な私による正直な感想です。

固形石けんを使って洗顔に必要な泡を作る時間を『ほいっぷるん』と『泡立てネット』で比較してみたんですが

ほいっぷるん 泡立てネット
50秒 18秒

なんと倍以上の時間がかかってしまいました。

固形石けんでなければもう少し時間を縮められると思うのですが、それでも泡立てネットと比べるとどうしても泡をつくるのに時間がかかってしまいます。。

泡を取り出しづらい

続いて気になったのが「ほいっぷるん」で作った泡が取り出しづらい&全部使い切れないということです。

手ですくったり、コップを逆さにして手のひらに出そうとするのですが

全てキレイに取り出すのが難しく、なんだかもったいない気持ちになります。

また、スティック側にも泡がけっこう付着するので泡を全部キレイに使おうとすると大変です。

固形石けんは使用後の掃除が大変

続いての残念ポイントは固形石けんをつかった場合限定ですが、上の写真のように穴に固形石けんが詰まったままとれません。

勢いよくシャワーをしても、手でこすっても、コップの中に水をいれポンピングしても取れませんでした。。

一度つまるとかなり取りづらいので、キレイに保管しておこうと思うならつまようじなど細い棒が必要になりそうです。

スポンサーリンク

ダイソー『ほいっぷるん』レビューまとめ

  • クリーミーな泡が作れる
  • 泡作りに時間がかかる

パッケージに書かれていたとおり「濃厚もっちり泡」を作ることが出来るほいっぷるんでしたが、私にとっては使うのが面倒と感じる商品でした。

ただ、洗顔は泡がきめ細かい方が良いとされていますので、「今日は本気の洗顔をしたい!」そんな時には活躍できそうです

気になった方はぜひダイソーをチェックしてみてください!

ダイソー 残さず使えるポンプボトル
ダイソーアイデア商品!残さず使えるポンプボトルが期待を裏切らない使い心地だったTVで紹介されていた100円ショップダイソーのアイデア商品な便利グッズを購入してきました! その名を残さず使えるポンプボトルと言い...
【ニトリ】バスマットを珪藻土にしたら速乾・手間いらず・衛生的でイイコト尽くし!濡れてもすぐ乾く!なんだコレは!! 初めてみたときからずーっと気になっていた珪藻土(けいそうど)商品をようやくGETしました。 ...