アウトドア・スポーツ

カッコ良すぎなオレゴニアンキャンパーのペーパーホルダーをレビュー

オレゴニアンキャンパー ペーパーホルダー

キャンプに持っていくトイレットペーパーが生活感ありありで微妙だなぁ。

そんな悩みを解決するため購入してみたのがオレゴニアンキャンパーのペーパーホルダーです!

デザインは文句無しにカッコよく、カラビナに細工がほどこされていて取り付け場所の自由度が高いペーパーホルダー

ペーパーホルダーそのものがやや使いづらいという点はありますが、とにかくデザインがカッコいいのでオールOKな収納グッズです♪

では実際にキャンプで使ってみた正直な感想をどうぞ!

オレゴニアンキャンパー『ペーパーホルダー』基本情報

created by Rinker
Oregonian Camper(オレゴニアンキャンパー)
名称 ペーパーホルダー
メーカー オレゴニアンキャンパー
サイズ 直径12 × 高さ12cm(カラビナなどはのぞく)

デザイン・特徴

アウトドアショップ『Wild-1』にて購入してきたOregonian Canperオレゴニアン・キャンパーのペーパーホルダーです。

価格は税込み1,728円でした。

オレゴニアンキャンパーとはMADE IN USAにこだわるアウトドアブランド『Oregonian Outfittersオレゴニアン・アウトフィッターズ』からスピリットを受け継いだアメリカンスタイルのキャンピングブランド

が、今回のペーパーホルダーはMADE IN CHAINAでした。公式サイトに掲載されている商品詳細を見ても生産国が中国のものが多いです)

ではペーパーホルダーのデザインをご紹介していきます。

ペーパーホルダーはおもにトイレットペーパーを収納するもので、外観を見てもトイレットペーパーが入るであろうデザインしてます!

色はコヨーテ。カーキとベージュの間ぐらいの色です。

材質は表記がないんですが、おそらくポリエステルです!

ペーパーホルダー上部には直径3.5cmの穴。

サイドには大きなカラビナ。

そして長さ調整できるサイドリリースバックルカチッと差し込み止めるやつ付きベルトもついています。

このカラビナとサイドリリースバックル付きベルトで様々な場所へ吊り下げたり引っ掛けたりすることが可能です。

底面にはファスナー。

ファスナーには紐がついていて、ご丁寧に手で持つ部分はシリコンゴムのような素材!持ちやすく操作しやすいです。

ファスナーをあけてみると

こんな感じで、付け根の部分を残しガバっと開くようになっています!

そして!ペーパーホルダー内部は防水性にすぐれる生地!

底にくる部分も水に強い素材です!

また、トイレットペーパーが出てくる穴の周りは硬い革のような材質でしっかり補強されています。

オレゴニアンキャンパーペーパーホルダーは空の状態で重さ90g。サイズは直径12 × 高さ12cm

この12×12cmというサイズは1.5倍巻きのトイレットペーパーが…

ジャストフィットするサイズです!

トイレットペーパーをセッティングしたオレゴニアンキャンパーのペーパーホルダーはこんな感じです!

created by Rinker
Oregonian Camper(オレゴニアンキャンパー)
スポンサーリンク

オレゴニアンキャンパー『ペーパーホルダー』2つの満足ポイント

満足①:デザインがカッコいい

まず最初の満足ポイントはデザイン!

お店で一目惚れして購入したといっても過言ではありません♪

なんともキャンプに合うデザイン!カッコいいです!

キャンプ場によっては『トイレットペーパーは各自で用意下さい』といったところもあり、万が一に備えてトイレットペーパーはキャンプ道具の中に仕込んでいます。

濡れるとぐちゃぐちゃになってしまうのでスーパーの袋へ入れ、収納ボックスへと入れてるんですが見た目はあまり良くありません。

それが!オレゴニアンキャンパーのペーパーホルダーにすると

いいじゃないですか!

上の写真に写ってるキャンプ道具の中で一番キャンプらしい姿になりました♪

と、収納ボックスの中もそうですが、キャンプ場でもスーパーの袋に入ったトイレットペーパーを外に出しておくのに抵抗がありました

それが、オレゴニアンキャンパーのペーパーホルダーを購入してからは他のキャンプ道具たちと一緒に太陽を浴びております!

ちなみに私が購入したのはコヨーテなんですが、迷彩なマルチカモもカッコいいデザインです♪

満足②:様々な場所に吊り下げ・引っ掛けOK

オレゴニアンキャンパーペーパーホルダーは、カラビナはもちろんのこと

取り外しが可能なサイドリリースバックル付きベルトのおかげで様々な場所に吊り下げたり、引っ掛けたりすることが可能です!

トイレへ行くときもカラビナをつかってズボンに装着!

両手フリーなうえに、多少なら濡れても平気なので手を洗ったあとも気にせず触れて便利

と、ここまではよくある感じですが、オレゴニアンキャンパーのペーパーホルダーはもうひと工夫されています!

それがカラビナ!

なんと!赤丸部分のどちらにでもベルトを通すことができます。

上からぶらさげるときはカラビナの下にベルトを通したり

引っ掛けるときはカラビナの横にベルトを通すといった使い方ができます。

ぱっと見あまり違いが無いように感じるかもしれませんが、しっくりこなかったのがしっくりくるようになったりと意外と活躍します!

付け替えするときは

ベルトを横へとずらし

斜めに入った隙間へとベルトを通せば

取り外せます!

そして!

2ヶ所あるベルトの好きな方へとカラビナを取り付けることができますのでさらに自由度があがります♪

といった感じで、カラビナの自由度が高いので「これは、こういうふうにしか使えない」ではなく、「カラビナをずらせば、ほら!いい感じ!」といった使い方ができます♪

created by Rinker
Oregonian Camper(オレゴニアンキャンパー)
スポンサーリンク

オレゴニアンキャンパー『ペーパーホルダー』3つの残念ポイント

残念①:構造上仕方ないけど使いづらい

見た目がよく、吊り下げOKで便利なペーパーホルダーですが、実際に使ってみると『使いづらい』と感じる部分があります。

まず、ペーパーホルダーを使うにはトイレットペーパーの芯を取り出す必要があり、ちょっとめんどくさいです。

トイレットペーパーは普通外側から使っていきますが、ペーパーホルダーは、内側からペーパーを使うので必ず芯を取らないといけません。

めんどくさいからと芯をとらず外側からペーパーを使うと、すぐにちぎれてしまい使い物になりません。

そして、ペーパーホルダーから出したトイレットペーパーは細長くなります。

細長いと『面』を作りづらくお尻を拭くときに大変。。

上の写真はペーパーホルダーと自宅のトイレから同じ長さを取り出したものですが、ペーパーホルダーから取り出した写真左のほうは面積がせまく隙間も。。

ということで、トイレ備え付けのペーパーと違って「これでお尻拭くのちょっと怖いな」と感じるので

いつもより多めに取り出したり、取り出した後に広げて使うといったことが要求され使いづらさを感じます

残念②:カラビナが実は使いづらい

満足ポイントにてカラビナの自由度が高いと紹介しておいてなんですが

カラビナは見た目のわりに太い棒には取り付けできません

上の写真は100均セリアのカラビナと比較した写真ですが、大きさはけっこう違うのに通せる棒は約1cmと同じです

セリアのカラビナは棒を通す部分が丸く膨らんでおり、サイズは小さくとも約1cmの棒を通すことができます。

一方のオレゴニアンキャンパーのカラビナは丸みがなく、サイズは大きいのに通せる棒はセリアのカラビナと同じく1cmほど。

このように見た目が大きいのでどこにでも取り付けできそうですが、実は取り付けられる場所が限られてしまいます

残念③:カラビナが破損

通せる棒が約1cmとは知らず、矢印でしめした約1.8cmほどのテーブル縁に引っ掛けようとした結果

バキッ!

「え?」

カラビナが破損しました。

ぶらんぶらんです。。キャンプ持ち込み一発目だったのに。。

が!壊れたおかげで少々太い棒にも吊るせるようになりました!

いや。ダメですね。こうなってしまってはカラビナの意味を成しません。。

ということで、無理して太い棒などに引っ掛けようとすると破損の恐れがあるのでくれぐれもご注意を

壊れたカラビナの直し方

壊れたカラビナは自分で修理することができましたので、私と同じように壊れてしまった方の参考にと直し方をご紹介します!

工具は無くてもOKですが力がそれなりに必要です。

最悪の場合、カラビナ本体が割れてしまう可能性がありますのでやり方をマネされる場合は自己責任のもとよろしくお願いいたします

まずはカラビナ可動部分を分解。

動かしちゃダメな方向にひねると取れます。力がけっこう必要です。

続いて分解したパーツを上の写真のように並べます。

バネに向きはありませんが、写真左のパーツと写真右の鉄の細い棒の向きに注意してください(細い棒は微妙に端が折れ曲がっています)

鉄の棒をバネの中へ。

そしてカラビナ本体の中へ。鉄の棒が上の写真のようにぺろっと出てるのが正解です。

では、バネや鉄の棒がずれてしまわないようゆっくりと取り付ける向きを確認します。

赤い矢印は赤い矢印のところへ、青は青の矢印のところへと合体させるようになります。

鉄の棒をくぼみに合わせた状態で、丸い出っ張りと丸い穴を合体!ここも力が必要です!

失敗して鉄の棒やバネがどこかへ飛んでいってしまうことがあるので紛失注意です。

うまくハマれば完成です!おつかれさまでした!

バチンっと元通りのカラビナになりました!

created by Rinker
Oregonian Camper(オレゴニアンキャンパー)

オレゴニアンキャンパー『ペーパーホルダー』注意ポイント

注意:防水は期待しちゃダメ

オレゴニアンキャンパーのペーパーホルダーは内側が防水性ありな素材ですが雨などに濡れると中身がびしょびしょになるので注意です。

穴があるほうは雨が入り放題なので当然NGですが、底を上にした場合でも

ファスナーの隙間から浸水し中はびしょびしょになりますので、せいぜい濡れた手で持つぐらいにとどめておきましょう。

created by Rinker
Oregonian Camper(オレゴニアンキャンパー)

オレゴニアンキャンパー『ペーパーホルダー』レビューまとめ

  • デザインがカッコいい
  • 取り付けの自由度高め
  • カラビナ破損に注意

ペーパーホルダーはいろいろなメーカーから販売されていて、オレゴニアンキャンパーのペーパーホルダーは正直価格は高めです。

ですが、私がみた限りでは生地など作りがしっかりしてるし、取り付け場所の自由度も高く、デザインも渋くてカッコよいです

トイレットペーパーをカッコよく収納したい!と思っていた方にはピッタリなキャンプギアですので是非チェックしてみてください♪

created by Rinker
Oregonian Camper(オレゴニアンキャンパー)
収納グッズ キャンプ用品ランキング
【収納グッズ】買ってよかったキャンプ用品ランキング2019年11月11日ランキング更新 どんどん増えるキャンプ用品。それらをまとめ、移動させるのに必要なのが収納グッズです! この...
オシャレキャンプ道具まとめ
オシャレ&カッコいいお気にいりキャンプ道具14選2019年9月1日お洒落キャンプ道具追加 オシャレなキャンプ道具。カッコいいキャンプ道具。 ともに価格が高くなる傾向がありますが...
コヨーテカラーがキャンプによく合う!JKMトランクカーゴ50Lキャンプと密接な関係にあるテトリス。 車に「どう積み込むか」収納ボックスに「どう詰め込むか」 何かとテトリスの腕を試されるこ...
トラスコ山型工具箱 Y-350-R
オシャレで大容量!トラスコツールボックスがペグ入れにちょうどいい!キャンプで必需品の『ペグ』どのように持ち運びしていますか? キャンプの回数が増えてくるとテントやタープに付属してくるペグでは物足り...
セリア キッチンペーパーボックスストッカー
吊り下げできるセリアのお洒落ティッシュカバーがキャンプで便利!キャンプで使うティッシュをオシャレにスマートに! そんな願望を叶えるグッズをいつもお世話になってる『セリア』で発見! デザイ...
ダイソー 収納ボックス(ミリタリー)
ダイソーの収納ボックスミリタリーが薪入れにちょうど良い!キャンプの醍醐味の1つである焚き火! 焚き火を楽しむには必ず『薪』が必要です。この薪というのがなかなかやっかいで重くて嵩張り、使わ...