ファッション

マムートの超軽量ダウンをレビュー!形がキレイでめちゃくちゃ暖かい

MAMMUT メロン イン フーデッドジャケット

冬のアウター選び。機能性を重視したいけど、デザインも妥協したくない。

そんなあなたにオススメしたいのが、スイスのブランドMAMMUT(マムート)超軽量ダウンです!

登山など本格的なアウトドア用品を中心に手がけるマムートだからこそ機能性は文句なし!さらにはヨーロッパブランドらしいスタイリッシュなデザイン!

まさに機能性とデザイン性を融合させたダウンです

この記事では実際に何度も着て見て分かったマムートダウンの満足な点と残念だった点をあわせてご紹介いたしますので、是非アウター選びの参考にしてみてください!

MAMMUT『メロン イン フーデッドジャケット』基本情報

スペック

名称 メロン イン フーデッドジャケット
メーカー マムート(MAMMUT)
材質:表地・裏地 表地・裏地:ナイロン100% (7デニール)
中綿 ヨーロッパグースダウン(ダウン90%、フェザー10%)

デザイン・特徴

こちらがスイスで150年以上歴史のあるアルパイン・クライミング用品ブランドMAMMUT(マムート)のダウンです!

商品名はMeron IN Hooded Jacket AF Men(メロン イン フーデッド ジャケット)です。

アウトドアをされる方なら必ず一度は見たことがあるマンモスマーク!

私は身長177cmの普通体型、購入したのはヨーロッパサイズ『M』、日本サイズ『L』と表記されたモノです。

タグには172cm〜178cm、胸囲93〜99cmとあったので書いてあるとおり日本サイズLでピッタリでした。(実際に着ている写真は後ほど)

では!デザインや特徴など細部を見ていきます!

メロンインジャケットフーデッドはTHEダウンなデザイン。

表地がナイロンでシャカシャカサラサラしたタイプのダウンになります。

私が購入したのはブラックでインナーがレッドのタイプ。他には紺でインナーがグレー、緑でインナーが黄色のモノがあります。

右の胸元にはMAMMUTのロゴがあります。色はインナーと同じカラーです。ロゴはプリントです。

そして左肩の部分にはマムートのトレードマーク『マンモス』のロゴがあります。こちらもプリントです。

ちなみに、マムートとはドイツ語でマンモスという意味です。

続いてポケット。定番の位置に2ヶ所のポケットがあるんですが

大きな財布がすっぽり入ります!かなりゆとりあるポケットです!

つづきましてダウンの背面です。背面のセンターにも胸元と同じくMAMMUTの文字があります。

この背面のロゴはフードで隠れることはなくずっと見える位置にあります。

では、上からも下からも開け締めできるチャックをオープン!

裏地は真っ赤です!

このダウンが900フィルパワーであることが記載されています!

一般的に700フィルパワー以上は高品質ダウンとされています。ここで詳しくは割愛しますが、数字が大きければ大きいほど軽くて暖かいです

詳しく知りたい方はこちら→フィルパワーとはなんですか?(デサント公式ページ)

首元にはヨーロッパ、USA、アジア、中国でのサイズ表記があります。さすが世界的ブランドです。

フード部分と、裾の部分にはゴムによって絞れるようになっています。

続いて内ポケット。内ポケットは左側に一箇所のみでチャックつきです。

なんと、この内ポケットも広々で長財布が余裕ですっぽり収まります!(写真ではちょい出ししてますが、ちゃんと入ります)

スポンサーリンク

MAMMUT『メロン イン フーデッドジャケット』満足ポイント

重さ315g!軽い!軽すぎる!

実を言うとマムートのダウンを買うつもりはありませんでした。

本当はパタゴニアかノースフェイスのアウターを買おうと決めお店へ向かったからです。ひととおりパタゴニア、ノースフェイスを試着し終わったあと、ふと目に入ったマムートのダウン。

「せっかくだし一度試着してみよう!」とマムートのダウンを手にとったとき衝撃が走りました。

え?めちゃくちゃ軽い!

もうこれには本当驚きました。お店だったのでハンガーにかけられてるわけですが、ハンガーの重さしか感じないんです!(ちょっと大げさです)

その後、試着し、この後ご紹介する満足ポイントであるデザインも気に入ったのでパタゴニアとノースフェイスを差し置いての購入です。

で、気になる重さなんですが

315gです!

500mlペットボトルのジュースより軽いんです!

インナーに着るであろうスウェットパーカー(542g)より軽いんです!

「内ポケットに財布入るぜ!ラッキー!」と思ってた財布より軽いんです(小銭を抜いて330g)

冬のアウターは何かとゴツゴツしがちで重量もあります。重量があることで肩がこったり長時間きていると疲れてくるんですね。

それがマムートの315gという超軽量なダウンであれば冬のアウター重いよ問題とは無縁になります!これぞ900フィルパワーです!

あと、羽毛も優秀ですが表地や裏地も7デニールと超薄いので、光を照らすとスケスケです!

シルエットが美しい

続いての満足ポイントが、軽量に続き購入のきっかけとなったデザイン(シルエット)です!

マムートはスイスのブランドです。ヨーロッパの服ってなんとなく「形がキレイ」という勝手なイメージがあるんですが

マムートのダウンもスマートでシルエットが美しいと感じるダウンでした

モコモコしてるんだけど形がキレイ。そんなダウンです!

デザインは人それぞれ好みがあるので絶対オススメとは言えませんが、定番デザインでありながら形がキレイなので長く愛用できるのは間違いないです♪

0℃以上は確実に暖かい

マムートの『メロン イン フーデッドジャケット』はさすが900フィルパワーの高品質ダウンとだけあって相当暖かいです

私は関東に住んでいるので現在までのところ3℃までの体験しかないのですが、この3℃であれば「寒くない」ではなく「暖かい!」を感じられました。

一度6℃の外へTシャツとダウンのみで外出したんですがポカポカして余裕でした!

900フィルパワーによる空気の層で完全に冷気をシャットアウト!風も通しません

また、こちらのダウンは後のほうが裾丈が若干長く

しゃがんだ時も腰の部分をしっかり覆ってくれ寒くありません♪おおよそ、お尻の尾てい骨上あたりまで覆ってくれます。

もちろんフードをかぶればさらに暖かさはアップ!周りは寒そうにしてても、この姿になれば1人無敵モードです!

追記:-6℃の雪国でも暖かい

2月に北海道へ行く機会があったのでマムートダウンを着用してみました!

マムートダウンを信頼していたので、ダウンの下にはユニクロの半袖エアリズムと、薄手の長袖ニットのみの薄着。

結果は-6℃まで気温が下がったにも関わらず寒さとは無縁でした

露出する顔は、どうしても寒かったですがメロン イン フーデッドジャケットは大きなフードもついているので、頭にかぶることで寒さを大幅に軽減してくれました。

目出し帽があれば無敵だったと思います!

多少の雨なら大丈夫

ダウンの大敵「水」

水に濡れてしまうと羽毛が膨らまなくなってしまい、空気による断熱層を作れなくなります。

水がどこから侵入するかと言うと、縫い目からです。

現在はシームレスダウンと呼ばれる縫い目の無いダウンがありますが、マムートの『メロン イン フーデッドジャケット』は

縫い目があるほうのダウンです

確認のため縫い目に水を吹きかけ5分ほど放置してみましたが、縫い目から浸水は無かったように思います。

ただ、縫い目から羽毛が抜けてくることがあるので隙間はあるはずです。。過度の期待は禁物ですね。

いちおう公式では耐久撥水加工をほどこしているという表記がありますので少々の雨なら大丈夫そうです。上の写真のように購入から1ヶ月経過したダウンでもバッチリ撥水してくれてます

追記:雨ではありませんが、大雪の中で着てみた結果は浸水などありませんでした

内ポケットにダウンを収納できる

広々サイズの内ポケット。長財布も入るしイイね!と思っていたら

なんと!

この内ポケットにダウンがすっぽり!

自分で自分を食べてるかのように内ポケットの中にダウンが入ってしまうんです

あんなにモコモコしていたダウンがめちゃくちゃコンパクトに!

さすが900フィルパワーです!

ちなみに小さくする方法は、内ポケットに手をつっこみ本体を引っ張り出していくという方法です。

あとは、ひたすらギューギュー押し込むだけです。このやり方が正解なのかどうかは分かりませんが、もし正解だとするなら

収納後はダウンがシワクチャになりますのでご注意を

放置してれば元通りになるかもしれませんが、シワ取りミストを使ったら目立たなくなりました。

スポンサーリンク

MAMMUT『メロン イン フーデッドジャケット』残念ポイント

タウンユースではオーバースペックかもしれない

満足ポイントでお伝えしたように、マムートダウンは900フィルパワーもありかなり暖かいダウンです。

寒い場所では頼もしい存在なのですが

ショッピングなど暖房の効いてる場所へ出かける時の着用には少々オーバースペックな気がします

  • 暖房ガンガンな電車の中 → 汗ビショビショになりました
  • 屋内の商業施設 → 暑すぎて途中で脱ぎました
  • 地下街 → 脱ぐことはありませんでしたが長距離歩くなら厳しいです

といった感じで、暖房が効いてる室内・屋内では暑いを必ず感じます

長時間、野外にいるような時は最高に良いのですが、屋内で過ごすことがメインになる日は違う服を着ていくか、脱ぐことを考えておいたほうが良いです。

「じゃ、ダウンの下は薄着で!」とも考えたんですが、Tシャツ1枚でも十分に暖かいので、着れば暑い、脱ぐと寒いと最悪なことになりますのでご注意を。

チャックがからまる

マムートのダウンにはYKKのチャックが使用されており高品質です。

ただ、上の写真の赤矢印でしめした部分を含め、メリットである全体の生地が極薄のためチャックが噛みやすい印象です。

このダウンは生地が7デニールと超薄いのでチャックが噛むと「破れてしまうのでは?」と怖いです。チャックを開け閉めするときは少しばかり注意しながら行うほうが良いです。

縫い目から羽毛が抜けてくる

ダウンの宿命なのでしょうか。

縫い目からヒラヒラと羽毛が顔を出してることが多いです。。

高級羽毛が1つ1つ離れていってしまうのは何とも勿体無い気持ちです。

飛び出した羽毛はあまり抜かないほうが良いとも聞きますので放置してますが、購入したダウンが黒なのでヒラヒラする羽毛が目立ちます。。

MAMMUT『メロン イン フーデッドジャケット』レビューまとめ

  • 315gで超軽量
  • シルエットが素敵
  • かなり暖かいので着る場所を選ぶ
  • 防水加工はしてあるが過度の期待は禁物

マムート『メロン イン フーデッドジャケット』は、軽量かつめちゃくちゃ暖かいので、お値段はけっこうしましたが納得満足できるダウンでした!

デザインもシンプルで美しい(主観)ので飽きもこず、長く愛用すること間違いなしです

街へ出かけるのがメインな方にはオーバースペックですが、外で過ごす時間が長い方なら必ず満足できるダウンだと思っていますので、気になった方は是非チェックしてみてください♪

ソレル シャイアンII
ソレルの防寒ブーツ『シャイアンII』は普段履きから冬キャンにも最高!毎年冬になると「足が寒い」と言いながらも対策らしい対策をせず過ごしてきました。 が!今年こそは!冬キャンにも行きたいし!と購入した...
ワークマン ヒートアシスト防寒ACTIVEジャケット
ワークマンの中でもとくに安い防寒着『ヒートアシスト防寒ACTIVEジャケット』がコスパ最高! 2019年6月:当記事の紹介商品は公式オンラインストアから商品がなくなり販売終了した可能性があります ワークマンには様...
ユニクロ ファーリーフリース フルジップジャケット
ユニクロ定番のふわふわフリースをレビュー!安いけど暖かくて着心地が良いふわふわモコモコしたフリース服を安く買いたい! ということで、カラーバリエーションが豊富で価格も安いユニクロの『ファーリーフリース...
ワークマン FieldCore裏アルミインナーパンツ
ワークマンの裏アルミインナーパンツが本気で暖かい!気温0℃のキャンプで大活躍! 2019年6月:当記事の紹介商品は公式オンラインストアから商品がなくなり販売終了した可能性があります 価格以上の性能で...
GRIPSWANY JOG 3D キャンプパンツ
GRIPSWANY「JOG 3Dキャンプパンツ」レビュー!カッコ良さとストレッチの融合カッコよくて穿きやすいキャンプ用のパンツが欲しい! と選んだのがグリップスワニーの「JOG 3D キャンプパンツ」です! サ...