アウトドア・スポーツ

焚き火もBBQも楽しみたい!を叶えてくれるユニフレームファイアグリル

UNIFLAME(ユニフレーム)ファイアグリル

バーベキューするのに毎回レンタルするのもあれだなぁと思いグリルを購入しよう!と決断。

なんとなくホームセンターなんかで売ってる安いやつでいいかな?と思っていましたが「安物はすぐに使えなくなる!」とキャンプ好きの知人に教わりネットで本格的に探してみました!

そして口コミなんかを見つつ最終的にたどり着いたのがUNIFLAME(ユニフレーム)のファイアグリルです!

  • デザインに一目惚れ
  • BBQもできるし焚き火もできる
  • 組み立てが簡単そう
  • 100均の網も使えそう
  • ネットでの評価が良い

ユニフレームファイアグリル基本情報

スペック

サイズ:使用時 約43×43×33(網高)cm
サイズ:収納時 約38×38×7cm
サイズ:焼き網 約35×35cm
重量 約2.7kg
分散耐荷重 20kg
材質:炉・ロストル ステンレス鋼
材質:スタンド・焼網 鉄・クロームメッキ

開封&内容物

  • ロストル
  • スタンド
  • 焼き網(1枚)
スポンサーリンク

デザイン

シンプルデザインがカッコいい!

ユニフレームファイアグリルは無駄を排除したシンプルでカッコイイデザイン!使用前は写真のように鏡のごとくピカピカです!

20kgまでの重さに耐えられる事ができるのでBBQや焚き火のほかにダッチオーブンにも使用できます。(網を使わず炭の上に直置きか別売りのファイアグリルヘビーロストルを使用)

スポンサーリンク

ユニフレームファイアグリルの組み立て方

誰でも簡単に組み立て可能!

まずは脚となるスタンドを取り出します

矢印のシールが貼ってありますので矢印の向きに向かって脚を広げていきます。

私も最初間違えてしまいましたが、写真のように地面に接地しないほうを手に持って作業してください

順番に4つの脚を広げていきます。

4つの脚を広げ終わりました!

地面に置き、可動できる部分がありますので写真のように1つ1つ伸ばしていきます。

4つ全てを伸ばした状態が上の写真の状態です。ここまできたら後は簡単!(ここまでもめちゃくちゃ簡単です!)

まずは炉を乗せます。

炉を乗せた時に炉の取っ手がスタンドに巻き込まれないようにします。巻き込んだ状態で設置するとガタツキがあるのですぐに分かるはずです。

ロストルを炉の中に置きます。

ロストルなしでも使用できますがロストルがあることで風通しがよくなり火がよく燃えるようになります!

UNIFLAME(ユニフレーム)ファイアグリル

最後に焼き網を乗せて完成です!

網は上の写真のように伸ばしたスタンドに乗せて利用します。

焼き網はポン置きする形になるので、ぴったりどこかにハマるということはありません。実際に利用する時は網が多少ズレたりしますので注意してください。

片付けも簡単♪そしてコンパクトに収納

片付けは組み立ての逆の手順。組み立てと同じく簡単に片付けができます。そして写真のようにコンパクトに収納できます。

ユニフレームファイアグリルの使い方

組み立て後はすぐにBBQ♪

炭の準備が出来たら焼き網を乗せてバーベキュースタートです!網とロストルの距離が近いのですぐにジューっとお肉が焼けちゃいます。

網をはずせば焚き火もすぐに開始できます♪

100均の網で代用できます

付属してくる焼き網はユニフレームのものでとっても丈夫な網で何度も使用できます。きっとお肉も美味しく焼けるんだろうなぁと思いますが洗って何度も使用するというのはちょっとめんどくさいです。。

ということで100均に売ってる網で代用できないか?と思い試してみましたが上手く設置できました!上の写真はダイソーで買った40cm×40cmの網です。

左がダイソーの焼き網(40cm×40cm)。右が付属していたユニフレームの焼き網(35cm×35cm)です。

実際に100均の網をバーベキューで使用してみましたが問題なく使えました!網の中心に重いものを置くと下にある炭 にくっついてしまいますが(笑)

ちなみにユニフレームファイアグリルラージには今回の40cm×40cmの網では小さすぎて使用出来ません。最低でも45cm×45cm以上が必要です。

ダイソー バーベキュー網
バーベキュー網はダイソーで十分!使い捨てがやっぱり楽!バーベキューでつかった網って洗うのがめちゃくちゃ大変なんです。 ゴシゴシ洗ったのにいつまでたってもヌルヌルベタベタ。「BBQは好き...

ユニフレームファイアグリルを実際に使ってみて

4人ぐらいならノーマルサイズで十分!

購入前にノーマルサイズとラージサイズで悩みましたが4人ぐらいの小規模BBQならノーマルサイズで十分でした!

そして囲炉裏テーブルと合わせるとBBQに焚き火がはかどります!

尾上製作所(ONOE) マルチファイアテーブル
尾上製作所マルチファイアテーブルは焚き火を囲める変幻自在な囲炉裏テーブル!キャンプと言えば焚き火!真っ暗になった夜に焚き火を囲んでまったりとお酒を飲んだりしたくありませんか? そして欲を言うならまったりし...

保温スペースがいい感じ♪

写真右上に焦げそうになったそら豆を退避させてます。このように4隅は保温スペースとして利用でき焼きすぎ防止になります。ゆっくりと食事を楽しむことが出来ます。(100均網の場合4隅は素手で持っても全然熱くありませんでした)

後片付けが楽になるはずがめちゃくちゃ面倒になった件

上の写真2つを見てお気づきだと思いますが、炉にアルミホイルを巻いて使用しました。こうすることによって後片付けが簡単になる!とネットで見つけたので試してみたんですが・・・

チョイスしたアルミホイルが悪かったのかガッツリ焚き火をしてしまったからなのかアルミホイルが炉にくっついてしまい結果的に掃除がめちゃくちゃ大変になりました(笑)

一応ホームセンターで売っている中で一番厚手のモノを購入したんですが。。もしもアルミホイルをつかって後片付けを楽にしたいというのであれば専用のアルミホイルを購入したほうがいいかもしれません。

次回からは何も巻かずに使用したいと思います!

アウトドア定番サイズのチェアなら快適に使えます

ユニフレームファイアグリルは焚き火を楽しめるよう地面からの高さは低めな作りです。

よくあるドリンクホルダーがついてるチェアー(高さ80cm)で使用した時に網の位置が低すぎるのでは?と不安でしたが快適にBBQを楽しめました!

ローチェアとの相性は抜群です♪

もしもの時の移動も可能!

大変危険なのでやらないほうがいいですが、スタンドは熱くならず素手で持つことが可能です。雨が降り出した時などどうしてもグリルを移動させたい!となった時に移動させることができます。

注意点:組み立て時の怪我に注意

丈夫なスタンドのため少し硬めの設計です。組み立てる時に指を挟みそうでちょっと怖かったです。軍手をするか、手を挟んだりしないよう注意しながら組み立ててください。

残念ポイント

収納袋は別売り

コンパクトにたためて持ち運べるんですが肝心の収納袋は別売り(定価1,900円)です。さすがに1,900円出すのはもったいないので私は適当な袋にいれて持ち運んでます。

一度の使用で年季入ります

火を使うものなので仕方がないですが一度の使用であっという間に購入時のピカピカ輝くグリルから年季の入ったグリルへと変わってしまいます。

革製品のように使えば使うほど“味”がでると割り切ってガンガン使っていきましょう!

UNIFLAME(ユニフレーム)ファイアグリルのまとめ

  • 組み立て簡単!片付け簡単!
  • BBQに焚き火が気軽に楽しめる
  • 100均の網も使用可能
  • 直火禁止の場所でも使える

これ一台あれば直火が禁止されてる場所でも気軽に焚き火にBBQを楽しむことができます♪性能は申し分なくコンパクトに収納できるので買って正解でした!

正直最初はホームセンターなんかで売ってる安いやつでいいかなと思いましが、少し背伸びしてユニフレームのファイアグリルを購入して良かったと大変満足しています!

バーベキューコンロ選びで悩んでるかたは是非参考にしてみてくださいね♪

ノミネート

ユニフレーム ファイアグリルは以下の記事にノミネートされています!

買ってよかったキャンプ用品ジャンル別1位
買ってよかったキャンプ用品ジャンル別1位はコレ!2019年1月30日ランキング更新 山ほどあるキャンプ用品。 多いからこそ「どれにしようか!」と選ぶ瞬間が最高に楽しいですよね!...
BBQ・焚き火 キャンプ用品ランキング
【BBQ・焚き火】買ってよかったキャンプ用品ランキング2019年1月20日ランキング更新 キャンプには様々な醍醐味がありますが、私が一番楽しみにしているのが『BBQと焚き火』です! ...
2018年買ってよかったキャンプ道具BEST10
【2018年】買ってよかったキャンプ道具BEST10:キャンプ初心者が選ぶ2018年はキャンプの楽しさを知り、ドハマリした年でした! キャンプへ行けば行くほど欲しい物が増え、2018年はキャンプグッズばか...