ドラッグストア

Y字タイプのクリニカデンタルフロスは洗って何度も使えてコスパ最高

クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ

デンタルフロスを安く簡単にしたい!

それなら『クリニカアドバンテージ デンタルフロスY字タイプ』がおすすめです!

18本入りで300円ちょっとと決して安くはありませんが、洗って何度も使えるので結果的にコスパ最強に

そしてY字タイプなので初心者にも扱いやすく、1本で前歯から奥歯まで掃除できます♪

そんな、クリニカデンタルフロスの特徴や実際の使用感を詳しくレビューしてみましたので、歯間ブラシ選びに迷っている方は是非参考にしてみてください!

クリニカアドバンテージ デンタルフロスY字タイプ 基本情報

スペック

名称 クリニカアドバンテージ デンタルフロスY字タイプ
メーカー ライオン
本数 18本
材質 柄:ポリエチレン  糸:高強度ポリエチレン
耐熱温度 100℃

デザイン・特徴

ドラッグストアで購入してきたクリニカデンタルフロスY字タイプです。

お店での購入価格は18本入り税込み324円でした。

パッケージ裏にはデンタルフロスを使うことで、ハブラシのみより約1.5倍も歯垢除去率アップとの文字が!

私は歯の専門家ではないのでここであれこれ言えませんが、私が通ってる歯医者さんからは「デンタルフロスは定期的にやってください」と言われたのでやらないよりやったほうがいいはずです!

では開封し中身をチェック!

パッケージ裏には開け口が2つあり、ここをペリっと剥がすとデンタルフロスがとれるようになっています。

デンタルフロスを全部取り出してみると、『ピンク』『ホワイト』『ブルー』がそれぞれ6本入っていました。

では1本を詳しくみていきます!

商品名にもあるとおり『Y字タイプ』です。F字タイプというのもありますが、私はY字タイプが好きです!(詳しくは後ほど)

サイズは長さ8.5cm、横幅2cm(素人採寸)

手に持ってみるとこんな感じです!

ちなみに以前ご紹介したF字タイプのダイソーのフロスより大きいです。

そして、クリニカデンタルフロスには矢印でしめした部分が独特なデザインです。後述しますが、これのおかげで力が入りやすくグッドです!

ではでは、メインとなる糸の部分をアップで!

すごい繊維の数です!パッケージには120本との記載がありましたが、たしかにそのぐらいありそうです!

これがどのぐらい凄いのかダイソーの歯間ブラシと比較してみると

こんな感じです!クリニカは束感が凄いです!

スポンサーリンク

満足ポイント

Y字タイプだから初心者でも簡単

デンタルフロスにはいくつか種類がありますが、初心者でも使いやすいのがY字タイプとF字タイプ。

この2つの中でもY字タイプはとにかく使いやすいです

F字タイプは前歯は最高に使いやすいんですが、奥歯になるとかなり難易度があがります。

いっぽうのY字タイプは前歯はほんの少しやりづらいですが、奥歯がとにかくやりやすいんです!

まとめると

Y字 F字
前歯 ほんの少しやりづらい 最高
奥歯 最高 やりづらい
トータル 全部できる 奥歯が厳しい

Y字を一度つかってしまうとF字には戻れません!そのぐらいY字は使い勝手が良いです。

さらにはクリニカアドバンテージ デンタルフロスY字タイプは柄の部分の形状がしっかり考えられていて

ここをつまみながらやると、力が入りやすく使い勝手がかなり良いです

といった感じで、フロス初心者にもかなり扱いやすいデンタルフロスとなっています!間違いなく誰でも使いこなせます!

120本のミクロ繊維で汚れをごっそり

クリニカのフロスを使う前はダイソーのフロスを使っていたんですが、2つを使い比べるとはっきりと違いが出ました。

クリニカのデンタルフロスは柔らかく、汚れをしっかりかきだしてくれる感じがあります!

120本のミクロ繊維。

この120本のミクロ繊維のおかげで、歯と歯の間の汚れをしっかりかきだしてくれます

そして、120本と分厚いので細いフロスと比べて歯茎に触れたときに柔らかく感じるんです!

安価な歯間ブラシと使い比べると分かりますが、高級感のある使い心地です!

15回使えた!洗って何度も使えて経済的

ドラッグストアへ行くと必ずといっていいほど置いてあり、ずっと気になっていたんですが、いまひとつ購入に至らなかった理由が『価格』です。

18本入り324円(購入場所で前後します)

いっぽうダイソーの歯間ブラシは55本入りで108円です。

クリニカ ダイソー
本数/価格 18本/324円 55本/108円
1本あたり 18円 1.9円

1本あたりの価格にしてみると10倍も違ってきます。高く感じますよね。

しかし!しかしですよ!

クリニカのデンタルフロスは『洗って繰り返し使える』との表記が!(この表記をずっと見逃していました。。)

それで、洗って使って何回使えるのか?気になりますよね!

使用1回 使用3回
使用5回 使用10回
使用15回 使用25回
使用27回で切れました

なんと…15回以上使えます!!(追記:27回で切れました)

歯の状況によって使用可能回数は前後すると思いますが、私の口内環境は決してよろしいものではないので、歯のキレイな方ならもっともっと使えるはず!

1本を何回使うか 18本使い切る回数 使用1回の価格(324円で購入した場合)
1回 18回 18円
3回 54回 6円
5回 90回 3.6円
10回 180回 1.8円
15回 270回 1.2円
20回 360回 0.9円

仮に1本を15回使ったなら、1回の使用は1.2円に!

ダイソーの55本入りと比較するとクリニカを1本10回使えば、ダイソーより安くなる計算です。

20回使うなら、1回の使用料が1円を下回り18本を360回使えます!約1年です!

こう考えるとめちゃくちゃコストパフォーマンスに優れるデンタルフロスです!高いどころか激安です!

旅行なんかにも1本持っていけば事足りますね♪

ただ注意してほしいのが、使えば使うほど糸が少しずつ切れていき使用回数に比例し使い心地は悪くなります。切れるまで使うのではなく適度なタイミングで交換がいいかもしれません。

洗って何度も使うのに抵抗がある方は使い捨てのほうが良いですが、抵抗が無いなら最高のコストパフォーマンスを発揮してくれるデンタルフロスです!

ちなみに劣化をできるだけ防ぐため、少しでも空気に触れさせないよう未使用のフロスは100均で購入した収納ケースへいれて保管してます!

スポンサーリンク

クリニカアドバンテージ デンタルフロスY字タイプ レビューまとめ

  • Y字タイプで初心者にも扱いやすい
  • 120本の糸が柔らかく汚れもごっそり
  • 洗って使えて経済的

最初は「ちょっと高いな」と抵抗があったデンタルフロスでしたが、洗って何度も使うことでコスパ最高になり大満足なデンタルフロスでした!

形状がY字なので抜群の使いやすさ!ミクロ繊維120本で使い心地も良し!

現段階で今までつかってきたデンタルフロスナンバー1の満足商品です♪気になった方は是非次回のデンタルフロス候補に!

驚異的なコスパ!安くY字型フロスを使うならガムデンタルフロスとにかく使いやすいY字型デンタルフロス! しかし、お店やネットには数種類あってどれがどう違うのか購入に迷うところです。 そこ...
ダイソー 幅広タイプの糸つきようじ
ダイソーの糸つきようじをレビュー!55本入りで使い心地も悪くない!100均にもデンタルフロスが売ってる!しかも55本入り! と、安さに釣られて購入してみたのがダイソーの『幅広タイプの糸つきようじ』...
ダイソー歯ブラシスタンドをレビュー!シンプルデザインで洗面台がオシャレに100均ダイソーで「これ使ったらオシャレになるやつ!」と購入してみたキレイな石ころのような歯ブラシスタンド。 無印良品やニトリなん...
ダイソー キッチンキャニスター
100均キッチンキャニスターは調味料にも洗面台でも使える収納ケースちょっとした小物をフタつきで収納したい。 それならダイソーやセリアで販売されているレンガ調がオシャレなキッチンキャニスターがオスス...