まとめ

DIY&カスタムしてみたキャンプグッズを難易度順にご紹介!オリジナルで差をつけろ!

既に見た目も使い心地も完璧な既成品もありますが

ここがこうだと良かったのにな」と思うキャンプギアってありますよね?

とは言え、職人でもない自分がDIYやカスタムして大丈夫かな?と不安になります。

そこで!この記事では何の技術もない私が実際にDIYやカスタムに挑戦してみたキャンプグッズを難易度が簡単な順にご紹介いたします!

私は技術が無いうえに不器用なのでこの記事でご紹介しているDIYなら誰にでも出来ます!(一部失敗しているモノもありますが…)

DIY&カスタムしてみたキャンプグッズ

テクニック、作業時間、作業環境、費用など、総合的に難易度が低い順にご紹介いたします。

ジャグスタンド/難易度★

作業時間 費用 難易度
15分 250円

100均にあるものだけで作れてしまうジャグスタンド!

ダイソーでレジャー椅子、セリアでウッドデッキパネルを用意すればOKです!

作業内容はウッドデッキパネル4ヶ所をのこぎりで切り落とすだけ

私は約15分ほどで完成へと至りました。

完成したジャグスタンドは高さ26cm。

よほど背の高いバケツでなければ下に配置可能です!

そして、気になる耐荷重は

20kgなら余裕でOKでした!

それもそのはずでレジャー椅子が耐荷重50kgなのでウォータージャグぐらい余裕で載せられます!

必要なモノが100均で揃いますし、作業内容もめちゃくちゃ簡単で、家の中でも作業可能なので気軽にDIYできます♪

ジャグスタンドの詳しいDIY風景はこちら
DIYウォータージャグスタンド
【DIY】たった250円でオシャレで実用的なジャグスタンドが作れます!ウォータージャグ使うならジャグスタンドがあると便利! でもウォータージャグも買って、ジャグスタンドも買ってと費用がかさみますよね。...

ペグ塗装/難易度★

作業時間 費用 難易度
30分 100〜1000円

オリジナリティを出したい、地面で目立つようにしたい、という理由で黒いペグを赤く塗装してみました。

作業内容はマスキング→シリコンオフスプレー→油性スプレーで塗装といったシンプルな内容。

地面にささる部分は塗装剥げがひどくなりそう&スプレーがもったいないという理由で私はマスキングしましたが、このへんはお好みで。

使用したスプレーは油性。水性より油性のほうが塗装が強いので油性をおすすめします。(100均スプレーでも油性ならOKです)

1度で塗ってしまわず数回に分けて塗るのがポイント

ここで乾くのを待つという時間が必要なため作業時間はやや長くなります。

あと、作業内容だけ見ればめちゃくちゃ簡単なんですが、塗装はできる場所が限られるので塗装環境が用意できない方には難易度が一気に上がってしまいます

気になる塗装の耐久性ですが、ペグはハンマーをつかうモノなので打撃部分はどうしても塗装剥げしてしまいます。

しかし、これは市販されている着色ペグも同じなので悪くない耐久性ですよ♪

塗装ペグの詳しいDIY風景はこちら
DIYペグ塗装
【DIY】鍛造ペグ『エリステ』を塗装しキャンプ場で使ってみた結果黒いペグって自然の中に溶け込んでしまいませんか? 「あれ?1本足りないけどどこいった?たしかこのへんに…」 キャンプあるある...
塗装前の油分・汚れ取りに

頑丈収納ボックステーブル/難易度★★

作業時間 費用 難易度
1〜2時間 1,000円〜 ★★

無印良品の頑丈収納ボックスやトランクカーゴに使えるロールテーブル!

ぱっと見では作るのが難しそうに見えますが、必要なモノさえ揃っていれば思ってる以上に簡単なDIYです

必要なモノはほぼ100均セリアで揃い、一部ダイソーで買いました。

つまり!すべて100均グッズでOK

大まかな作業内容は、セリアのすのこをバラし

裏からベルトをタッカーで固定!お好みで塗装も!

と、めちゃくちゃシンプルな作業内容です♪

完成したテーブルは使い心地もよく、キャンプでも十分活躍できます♪

そしてロールテーブルなので使わない時はクルクルまるめることができ、持ち運びにも便利♪

何より、自分でテーブルを作ったという感動が大きいDIYであります!

頑丈収納ボックステーブルの詳しいDIY風景はこちら
頑丈収納ボックステーブルDIY
【DIY】頑丈収納ボックステーブルの作り方を写真多めでご紹介!インスタなどで人気の無印良品 頑丈収納ボックスをテーブルにしてしまうDIYに挑戦! 必要なモノは100円ショップで全て揃い、DIY...

オピネル鏡面加工/難易度★★

作業時間 費用 難易度
2時間 500円 ★★

ヤスリやピカール、ブルーマジックなどをつかってひたすら磨くと完成するオピネルの鏡面加工!

購入時のオピネルの刃はお世辞にも美しいとは言い難いものがあります。

これを粗目なヤスリから少しずつ番手を上げ磨いていけば

輝きあるオピネルへと変身します♪

ただ、簡単そうに見えるヤスリがけですが、これがなかなか大変で、時間と体力をかなり消耗します

疲れてくると妥協が始まり「このぐらいでいいか」と磨く行為をサボり

完璧な鏡面加工とは程遠い仕上がりになります。

傷1つない鏡面加工を手作業だけで行うのであれば少しずつ少しずつ日数をかけて削ることをおすすめいたします。

また、せっかく鏡面加工したナイフも『研ぎ』が下手くそだと傷だらけな姿にカムバックしますのでご注意を。

といった感じで、作業内容はとっても単純なんですが、労力が半端なくかかるため難易度を少し高めにしました。

オピネル鏡面加工の詳しい作業風景はこちら
オピネル鏡面加工
素人がオピネルの鏡面加工に挑戦したらそこそこピカピカに!オシャレデザインなオピネルをさらに美しくしたい!そう思い刃の鏡面加工に挑戦してみました! 先に結論を言うと 素人でもそこ...
ヤスリ後の仕上げにつかったピカール

オリジナルゴミ箱/難易度★★

作業時間 費用 難易度
60分 1,000円〜 ★★

ダイソーで購入できるゴミ袋ホルダーの見栄えを良くしたくて挑戦してみたオリジナル布作り。

ダイソーのゴミ袋ホルダーは安いのにいい仕事する商品なんですが、そのまま使うとどうしても生活感たっぷりな見た目に。

これを、オリジナルな布で隠せば見た目がスッキリ!

布は自分好みのモノを選べるのでサイトにあったオリジナルゴミ箱を作れるのが魅力です

ただ、このDIYはミシンを使うため、ミシンを持っていて使いなれている方には難易度低めですが、ミシンが無い、裁縫の知識が無い方には難易度が上がります。

オリジナルゴミ箱の詳しいDIY風景はこちら
オリジナルキャンプ用ゴミ箱
ダイソー商品×好きな布でキャンプ用オリジナルゴミ箱をDIY!キャンプ用のゴミ箱選び「なんかどれも微妙」と悩んでいませんか? 私は2ヶ月間「これだ!」というゴミ箱に巡り会えず「どれにしよう」と...

ウォータージャグ塗装/難易度★★★

作業時間 費用 難易度
1〜3時間 1,000〜2,000円 ★★★

失敗に失敗を重ね大苦戦を強いられたのがダイソーウォータージャグの塗装です。

最終的に「もう疲れた…これでいいや」と投げやりになったDIYであります。

そもそもプラスチック製品への塗装は難易度が高いようで、甘く見すぎていました。

作業内容はウォータージャグを分解し、ヤスリがけ、その後シリコンオフやミッチャクロンを吹き付け油性スプレーで塗装です。

と、1発で完成させればそこまで苦労は無かったんですが

私は一発目の時に

  1. スプレーが足りなかった
  2. スプレーが好みの色じゃなかった

といった理由で一度塗装を剥がし、再塗装を行ったがゆえにめちゃくちゃ大変になりました。

また、塗装できる場所をちゃんと確保できず自宅の風呂場でやったら大変なことに。。

と、大変な思いをしつつ完成させたにも関わらず、塗装と塗装が擦れてしまう部分は塗装剥げが発生。。なんとも見た目が微妙に。

ということで、もし挑戦するなら

  • 塗料は余裕を持って用意
  • しっかり好みの色を選ぶ
  • ストレスなく塗装できる場所を確保
  • 塗装と塗装がこすれる部分は塗装剥げする

上記を覚えておいてもらえると大変な思いをせず塗装できると思います!

ウォータージャグ塗装の詳しいDIY風景はこちら
DIY ダイソーウォータージャグ塗装
【DIY】ダイソーウォータージャグを塗装カスタム!素人には難しかった…キャンプで使おうと購入したダイソーの折りたたみができるウォータージャグ400円。 安くて使い勝手も良くコストパフォーマンスに優れる...
塗料の食いつきを良くするミッチャクロン
スポンサーリンク

DIY&カスタムしてみたキャンプグッズまとめ

成功し満足できたモノ、失敗し微妙となってしまったモノがありますが、どのDIY&カスタムも共通して言えるのは

完成した姿を見るのが最高に楽しいです!

完成されたキャンプギアを購入するのも楽しいことではありますが、これとはまた一味違った楽しさがDIYやカスタムにはあるので、お時間が有る方は是非チャレンジしてみてください♪

買ってよかったキャンプ用品ジャンル別1位
買ってよかったキャンプ用品ジャンル別1位はコレ!2019年1月30日ランキング更新 山ほどあるキャンプ用品。 多いからこそ「どれにしようか!」と選ぶ瞬間が最高に楽しいですよね!...
キャンプでオススメ100均まとめ
キャンプで活躍するオススメ100均アイテム25選2019年4月29日オススメ100均アイテム追加 100円ショップで見つけたキャンプで活躍するアイテムをご紹介! 当ブログ「モノ...