アウトドア・スポーツ

Viaggio+の280cmポールをレビュー!5cm単位で高さ調整が便利

Viaggio+ 高さ調整 280cmポール

キャンプで使うポールの長さを自由に変えられたら便利なのでは?

と購入してみたのがViaggio+ビアッジオプラスのポールです。

5cm単位でポールの長さを変えることができ、最小120cm最大280cmへと自由に高さ調整可能!

価格が安いからなのか、初期不良こそありましたが自分で手直しできる不具合で、それを除けば品質の良いポールでした。

ということで、この記事ではViaggio+ビアッジオプラスポールの特徴や良さ、不具合について、それから注意したい点をレビューしてみましたのでポール選びの参考にどうぞ!

Viaggio+『高さ調整できる280cmポール×2本』基本情報

名称 タープポール280cm × 2本
メーカー Viaggio+(ビアッジオプラス)
材質 アルミ
長さ 120〜280cm(調整可)
重量 1本:1447g(実測)

デザイン・特徴

アマゾンで購入したViaggio+ビアッジオプラスのポール2本セット

価格は5,380円(2019年8月29日時点)

Viaggio+ビアッジオプラスというメーカーはネットでキャンプ道具をよくチェックするなら見たことあるメーカーなのでは?

商品そのものは中国製だと思いますが、日本の会社がしっかりと販売しており好感の持てるメーカーでした!(後述します)

内容物
  1. 収納袋
  2. ポール10本
  3. 5mロープ×4本

ポールの他、5mロープが4本付属、アルミ自在付き!直径4mmのロープで安心して使えます♪

では収納袋→ポールの順でご紹介!

収納袋は黒でViaggio+のロゴ入り。

生地はポリエステル600D、見た目はちょっと安っぽいですが厚みがありしっかりした収納袋です。

収納袋は1つなので、2本分になるポール(8本)が全てここに入ります。ちなみにゆとりたっぷりです。

新品時は1本1本ビニール袋で丁寧に梱包されています。

今回購入したのはアルミ製つや無しレッド。メタリックな赤ですがつや無しで落ち着いた輝き。私は気に入ってます!(写真右:アルミボディなiPhone7)

つや無しブラック、つや有りシルバーもあります。

1本分になるポール5本がこちら。

上から2本は合体させ使うので最終的に4本になります。

では1本ずつ見ていきます!

一番下に使用するポール。

このポールのみViaggio+のロゴがあります。

底にくる部分。

ポールと同じアルミ素材で、丸く少し膨らんでいます。

「これ滑らない?」と思いましたが、キャンプ場では滑ることなく安心して使えました。

ポール同士をつなげるピンです。

適度な柔らかさでスムーズに押し込めます。

つづいて真ん中にくる2本。

先端にピン。底にピンの受け穴があります。

つづいて一番上にくるポール。

購入時は2本に分かれてますが、この2本は合体させ使用します。

棒のあるポールが直径28mmで

穴の空いている方のポールが直径32mmと一回り大きいので

スルスルと入っていきます。

合体させるときの向きは、穴の間隔が少し広い方が下になると覚えていれば迷いません。

こちらが2本を合体させた状態。

なぜに合体させる必要があったのかは、このポールの特徴「長さを調整できる」その構造のためです!

2本のポールを合体させたことで、5cm間隔に長さを伸ばすことができます!

また、合体させたポールには白い線が入っていて、この線の直線上にピンがあり「ピンがどこにあるか分からない」を防ぐことができます!

GIFのような感じで白い線を目印にすればピンを見失うことはありません♪地味な機能ですがかなり役立ちます!

サイズ

4本のポールはそれぞれ60cm(連結部分を合わせると67cm)

ポールの直径は32mm厚みフチは約1.5mm。この32mmというポールはかなり太い部類になります。

ポール最上部のタープやロープを引っ掛ける棒は5cmで幅は6mm。テントやタープで問題なく使用できます。

重量は4本で1,447g

これがもう1セットなので合わせて2894g。収納袋と合わせると全体で約3kg。

軽量なアルミ素材とは言え、厚みがあったり、1本合体し実質5本なのでなかなか重いです。

ちなみに、同じ280cm、同じ直径32mmのサーカスTCに使われるスチールポールは1本で2.36kg。

なので1本あたりで見ればViaggio+は1kgほど軽いです。

収納時のサイズは収納袋にゆとりがあるので、入れ方によって変わりますが、上の状態だと「70 × 20 × 6.5cm」。隣は2Lのペットボトル。

写真では伝わりづらいですが、なかなかの大きさです。

スポンサーリンク

Viaggio+『高さ調整できる280cmポール×2本』2つの満足ポイント

満足①:280cmまで好きな高さに調整可能

Viaggio+のポールを購入した1番の理由であり満足な点は

長さを自由に変えられる」という点です!

これの何が良いって、既に持っているポールと同じ長さにできることです!

細かく調整できないポールの場合、長かったり短かったりでサイズ違いポールと長さをピッタリに合わせられません。

でも、Viaggio+のポールは5cm単位で長さ調整できるので

メーカーの違うポールとも同じに長さにすることが可能です!

同じ長さにすることでタープの見栄えや、タープ内から見える景色もスッキリ!

他にも「ここだけもう少し高くし、雨の逃げ道を作りたい」など、かゆいところに手が届くのが高さ調整できるViaggio+のポールです!

ただし

Viaggio+のポールで作れる長さ
ポール2本で ポール3本で ポール4本で
120〜160cm 180〜220cm 240〜280cm

5cm単位に長さを変えられても「165〜175cm」など、できない長さもありますのでご注意ください。

ちなみに最大長さである280cmはかなり高いです(写真にうつってるサーカスTCも280cm)

高さを出すことで開放感は素晴らしいですが、影が小さくなったり、雨が入りやすかったりといったデメリットもあります。

満足②:同サイズのポールの中で価格が安い!

ネットでポールを探すといろいろなメーカーの商品がヒットします。

今回は高さ調整できて280cmのポールを使ってみたいと探しましたが、その中でもViaggio+のポールは価格が安いです!

価格が安いといろいろ不安になりますが、私の手元に届いたポールは目立つキズもなく、ポール同士の連結や長さ調整、ピンの動きもスムーズで満足です!(1ヶ所不具合あり。後述します)

ちなみに、収納袋に上のような片付け方をしてしまうとピンが塗装面に当たってキズが入りますので注意です(この入れ方だと次回使用時に底にくるポールが分かりやすくていいんですけどね。。)

あとポールを地面に勢いよく倒してしまうと当然キズも入りますのでご注意を。

スポンサーリンク

Viaggio+『高さ調整できる280cmポール×2本』残念ポイント

残念:初期不良アリ(手直しで修正)

購入時一緒に同封されていた紙。

要約すると

  • 不具合が確認されているので商品が正常か確かめてほしい
  • 万が一不具合があった場合は不具合パーツを交換します

なんという配慮!

本来これが普通の対応なのかもしれませんが、安いキャンプ道具を購入していて、こういった記載があったのは初めてな気がします。

これで、壊れてても気持ちよく交換してもらえる!安心感がすさまじいです!

で、実際の商品はということ

おっ…。。

不具合です。写真右が正解、左が不具合。ピンがキレイに飛び出しておらず、このままでは使用できません。。

ただ、事前に紙に目を通してたので、イラッではなく笑っちゃいました。(紙切れ1枚ですが印象って変わりますね)

このように不具合のある可能性があるので、購入したら必ず組み立ててみて正常かどうかの確認をしてください

それで、本来ならここで返品交換してもらうのが正解なんですが

ピンを見た感じ、ただズレてるだけのように見えたので

ラジオペンチをつかってピンを抜き出し

もとに戻しただけで正常になりました!

もし購入し同じような症状なら自分で直せる可能性大です。

自分でいじってしまうと交換対応してもらえなくなるかもなので、自信が無い場合はお店に連絡するほうが確実です

Viaggio+『高さ調整できる280cmポール×2本』注意ポイント

注意:太い・重い・かさばる

直径32mmのポールは太いです。

22mmから28mmになったときも太い!と思いましたが

28mmから32mmになるとさらに太い!と感じます。

実際、32mmをつかっていると最初は太いと思っていた28mmが細く感じるほど。

ポールが太くなると華奢なポールと比べ安心感はあります。

ただ、、

収納時はそれなりに場所をとります。

そしてポールにつかう、その他のキャンプギアが使用できなくなる可能性もあるので注意です。

写真はセリアのフッククリップという商品ですが、ポールが32mmになったことで使えるには使えるけど、しっかり挟めなくなってしまい耐荷重が下がりました。

こちらはシリコンバンドでポールに取り付けられるアウトドア向けなBOSEのスピーカー

こちらも取り付けはできるものの、巻きつけるのに力が必要となり取り付けがちょっと大変になりました。

ということで、ポールが太くなったことによるメリットもありますが、荷物がかさばる、組み合わせギアが使えないor使いづらくなることもあるので注意です!

Viaggio+『高さ調整できる280cmポール×2本』レビューまとめ

  • 高さ調整できるは便利
  • 同サイズ・同機能のポールの中で安い
  • 不具合があっても対応してもらえる

いろいろ気になる点はありましたが「長さ調整できる」これはやっぱり便利です!

不具合をのぞけば品質のほうは文句無し、価格も他メーカーと比べると安く、トータルで見ると満足しています♪

長さ調整したい!280cmのポールを使ってみたい!ならぜひぜひチェックしてみてください!

テント・タープ・設営グッズ キャンプ用品ランキング
【テント・タープ・設営グッズ 】買ってよかったキャンプ用品ランキング2019年10月7日ランキング更新 キャンプといえばなテントとタープ、それから設営に必要な設営グッズ。 テントやタープは一番目立...
Soomloomポール240cm(赤)
激安だったSoomloomの赤ポールがメインポールとしてタープを支える!タープに付属していたポールが不安すぎる!! ちょっと風の強い日にタープを設営したらポールが反ってるのを見てしまいました。 「...
安くても丈夫でタープに最適!ロスコのポリエステルパラコードタープやテントに付属してくるロープで満足していますか? 「なんだか切れそう」や「この色嫌だな」とか「もう少し長いのが良い!短いのが...
村の鍛冶屋エリッゼステーク28赤
赤色エリステを追加購入!目立ちやすさ抜群で転倒&紛失防止に!「鍛造ペグ“エリッゼステーク”を買おう!安い黒でOK!」そう思ってるアナタにちょっと待った! たしかに価格は黒色が一番安いです!安...
テンマク ムササビウイング13ft.TC“焚き火”version
テンマク「ムササビウイング」のカッコ良さとポリコットンの良さを全力レビュー雨が降っても焚き火したい! とキャンプを初めてからずーっと気になっていたタープ、それがテンマクデザイン『ムササビウイング13ft....