アウトドア・スポーツ

テンマク『サーカスTC』をレビュー!キャンプ行きたい病が加速するテント

テントマークデザイン サーカスTC

カッコよくて設営撤収が簡単なテントが欲しい

そう思い選んだNEWテントがテンマクデザインの『サーカスTC』です。

キャンプ場へ行けば必ずといっていいほど見かける大人気テントのため「他の人とかぶるのが嫌だ」な方にはおすすめできないテント。

しかし!さすが人気なテントだけあって私が望んでいた『カッコいい』『設営・撤収が簡単』だけじゃない良さがあります!

ということで、この記事ではテンマク『サーカスTC』を実際に使ってみて分かった満足・残念な点、それから注意したい点をご紹介いたしますのでNEWテント選びの参考にしてみてください♪

在庫切れの場合、ネットでは定価より高く販売されている可能性がありますのでご注意ください

サーカスTC在庫情報はこちら(公式)

テンマクデザイン サーカスTCが登場するまとめ
買ってよかったキャンプ用品ジャンル別1位 キャンプテント・タープ・設営グッズランキング オシャレなキャンプ道具
キャンプ1万円オーバーおすすめ道具

テンマク『サーカスTC』基本情報

名称 サーカスTC
メーカー テンマクデザイン
サイズ(使用時) 420 × 420 × 高さ280cm
サイズ(収納時) 幅64 × 直径23cm
重量(付属品含む) 約10.88kg
重量(テントのみ) 約8.58kg
素材(本体) コットン混紡生地(TC)撥水加工済み(ポリエステル65%、コットン35%)
素材(スカート) ポリエステル
素材(ポール) スチール

内容物

人気アウトドアショップWILD-1。そしてWILD-1オリジナルブランドである『テントマークデザイン』略して『テンマク』

そんなテンマクの代名詞でもあるテントが今回購入した『サーカスTC』です。

価格は31,800円+税。(2019年6月8日時点)

内容物
  1. 収納袋
  2. ポール(φ3.2 × 280cm、収納袋付)
  3. 設営用ガイドセット
  4. ペグ(16本、収納袋付)
  5. 張り網
  6. テント本体
  7. 取扱説明書

では先に、内容物についてささっとご紹介していきます!

まずは収納袋。

『CIRCUS TC』のロゴが見えていますが反対側を向けると『テンマク』のロゴがあります。

収納袋はテントと全く同じ色で、素材も同じくポリエステルとコットンが混ざったポリコットン!触り心地が良く高級感があります。

チャックはダブルジッパー。そして張り網と同じロープが使用されています。

つづいて設営用ガイドセット。

こちらは設営を簡単にするための便利グッズ!基本的に設営時しか使いません。(使用する様子はサーカスTC設営記事にて)

続いてペグ。

ペグの長さは24.5cm、直径は0.8cmほどで付属品としてはなかなか立派なペグです。

ペグは合計で16本。15本がテント用、赤いシールが貼られた残り1本は設営ガイドと一緒に使います。

次に張り網です。

リングと自在金具がセットになった張り網で、上の写真を1セットとして合計で5セット入ってます。(使い方はサーカスTC設営記事にて)

最後にポール。

長さ280cm × 直径32mmと、長くて太いです。

そして材質がスチールのため重量が2.36kgと重いですが、そのぶん頑丈です。

中にワイヤーゴムが入ったポールで、簡単に1本につなげることができます。

デザイン・特徴

では、設営後のサーカスTCのデザインや特徴をご紹介!

サーカスTCは五角形なワンポールテント。

テントの素材はポリエステル65%、コットン35%のポリコットン。

ポリコットンの特徴
メリット デメリット
火に強い、結露しにくい、夏は涼しい、冬は温かい 重い、乾きづらい

外観の特徴としてはベンチレーターが2箇所。

そして、ベンチレーターの下に位置する場所に出入り口となるファスナーが2箇所。ちなみにテンマクのロゴも2箇所あります。

幕の下部はポリエステル100%なスカート。地面が濡れていたり汚れていても乾きやすく掃除しやすいです。

続いてテント内。

外から見たまんまの空間が広がります。ワンポールテントなので中央にはポールがきます。

幕をくるくる巻いてとめておくヒモがあちこちにあります。

テントてっぺんには外から見えていたベンチレーター。

メッシュになっているのでベンチレーターから虫が入ってくることはありません

またポール上部にはランタンなどを吊り下げられるフックがあります。

このフックはロックなどが無いので、基本的に下がった状態です。『ト』←こういう風には使えません。

出展:tent-Mark DESIGNS

サーカスTCのサイズは上記のようになっています。

サイズについては後ほど満足ポイントで触れますがソロ〜2人ならかなりゆとりあるサイズです。

また、最大高さが280cmもあるのでテント中央付近は手を伸ばしジャンプしても天井を触ることができないほど!

スポンサーリンク

テンマク『サーカスTC』5つの満足ポイント

満足①:シンプルかつカッコいいデザイン

サーカスTCを購入し1、2を争う満足ポイントが見た目のデザインです!

シンプルで、カッコよくもあり可愛くもあるテント!

色もサンドカラーで自然とマッチ!なのに高さ280cmのテントは存在感たっぷり!

写真で見ると小さく見えますが、実物を近くで見るとかなり立派な姿です!

夜はランタンの明かりで黄色く光るんですが、これがまたいいんですよね!温かみのある色で。

サーカスTCを購入したら是非とも夜にランタンをともした自分のテントを遠目から見てもらいたいです♪

そして、同じくテンマクデザインのムササビタープと連結することで、これまたカッコいい姿に!これを見ながらビール2本はいけます。(奥さんいわくサーカスTCは可愛いけどタープと連結した姿はそんな好きじゃないそうです…)

といった感じで、とにかくデザインがお気に入りなテントがサーカスTCです!

サーカスTCとムササビウイングの連結方法はこちら
サーカスTCとムササビウイング連結を写真たっぷりで解説テンマクデザイン人気テント「サーカスTC」 テンマクデザイン人気タープ「ムササビウイング」 この2つを連結させたいけどどうす...

満足②:設営・撤収が簡単&超早い

デザインと同じ、もしくはそれ以上に満足しているのが

設営・撤収が簡単で早い!ということです。

サーカスTC購入前に使用していたコールマンのタフドームというテントがあるんですが、こちらは初心者でも簡単に設営できるテントでした。

コールマン タフドーム240
コールマン・タフドームテントは中は広々で設営簡単!キャンプ初心者にオススメキャンプ初心者の私が初めてのテントに選んだのが『タフドーム240』 タフドームとはアウトドアブランドとして超有名なコールマンのテン...

しかし!それより簡単スピーディーに設営撤収できるのがサーカスTCです!

実際にタイムを計ったわけじゃないですが

設営 撤収
サーカスTC 15分 15分
タフドーム 25分 35分

体感としては上記のような時間で設営・撤収が完了します!

とくに撤収時が感動するほど早くて楽です

こうも楽ちんだと終わりよければ全て良しとなり、キャンプ帰りの車内で「あー!早く次のキャンプ行きたい」とキャンプ行きたい病が加速します。

設営・撤収方法は下記の記事で写真多めでご紹介しています

サーカスTC 設営方法 撤収方法
サーカスTCの『設営方法』と『撤収方法』を写真多めで無駄に細かくご紹介人気テント『テンマクデザイン サーカスTC』 さすが人気幕ということで数多くの魅力があります。 本当にいろいろ魅力あるテント...

満足③:ソロなら贅沢空間。2人なら快適空間

サーカスTCはソロで使えばかなりの広さです

上の写真はソロ時の様子なんですが、私がソロキャンプ時に使用するすべてのモノがラクラク収まっています。

夜は幕内にこもりまったり。イスや大きなテーブルを置いてもゆとりありです。

イスに座り見える反対側はどうなっているかというと

こんなにスペースがあまってます。

もう一度言います。私がソロで使う無駄なモノも含めた全てのモノがテント内にあります。外には何も荷物がありません。

それでもこの広さ!ソロには贅沢すぎる空間です

と、これだけ空間があまっているので、もう少し整理整頓し必要ないものは外へ出せば2人でも快適に幕内ですごせます

  • ソロ … 贅沢空間
  • 2人 … 快適空間
  • 3人 … 寝るスペース+大物数点
  • 4人 … 寝るスペース+小物
  • 5人 … 寝るスペースのみ

2人以上で使用したことがないので3人以上の使用感は予想になりますが、おそらくこんな感じになるはずです!

ちなみに虫が出る季節に突入したのでサーカスTCの中にカワイイ折りたたみ蚊帳を設置し使ってます。

サイズが150 × 200 × 高さ145cmのもので、サーカスTCと組み合わせる方多数なDODカンガルーテントSに近いサイズです。

⇒折りたたみ蚊帳のレビューはこちら

このサイズ感の蚊帳やテントを設置した場合、サーカスTCの約1/3が埋まってしまいます。

それでも2/3が残っているので、イス2脚に小さいテーブルやラック、収納ボックスなんかはテント内に配置でき、2人でも十分くつろげました

といった感じでソロなら持て余す広さ、2人でも幕内でまったりできるテントなので、テント内でまったり過ごす寒い季節こそ本領発揮なテントです♪

満足④:様々なアレンジを楽しめるテント

サーカスTCはシンプルなテントだからこそ、単体でもアレンジを楽しめ、他のキャンプギアと組み合わせたアレンジも楽しむことができます。

もともと備わってるファスナー2箇所を開放することで風通しが良く開放感アップ。

くるくる巻く場所をずらせば、さらに開放的!

ポールを使えば、目隠しを作りつつ開放的な姿に。(ポールは240cm)

Soomloomポール240cm(赤)
激安だったSoomloomの赤ポールがメインポールとしてタープを支える!タープに付属していたポールが不安すぎる!! ちょっと風の強い日にタープを設営したらポールが反ってるのを見てしまいました。 「...

この姿にするメリットがもう1つあって

前を開けたければ上の写真のようにクルクル巻けば簡単でいいんですが、幕が濡れてた場合乾かないんですね。

それを、このようにポールをつかって跳ね上げることで前をあけつつ乾かすことが可能なんです!(写真のポールは240cm)

後ほどふれますが、ポリコットン素材は乾くのが遅いので撤収日に雨が上がってるならポールがあると便利です。

こちらもポールをつかったアレンジ!

ファスナー2ヶ所をフルオープンしポール3本をつかって跳ね上げることでタープのように使えます(写真のポールは200cm1本、120cm2本)

これが思いのほか影になる面積が広く使い勝手が良かったです。

見てのとおり狭い区画サイトでしたが、省スペースで設営でき、快適に過ごすことができました!

他にもサーカスTCに使用しているポールを利用してタープと連結させたり(連結には伸縮するゴムベルトストラップギアを使用)

冬はダブルファスナーを利用し薪ストーブを設置したりとサーカスTCをベースに様々なアレンジを楽しめます

満足⑤:価格3万円台でこのクオリティは文句無し

ポリエステルとコットンを比較した場合、コットンのほうが一般的に価格は高いです。

つまり、コットン100%のテントやコットンが含まれるポリコットンなテントは高額になることがほとんどです。

ですが!このサーカスTCはポリコットン素材にも関わらず3万円台で購入できてしまうんです!

既にたくさんの満足ポイントをご紹介しましたが、それに合わせてポリコットン素材、これで3万円台はかなりお買い得なテントです。

スポンサーリンク

テンマク『サーカスTC』残念ポイント

残念:ファスナーの開け閉めが辛い

サーカスTCには2箇所のファスナーがあり、テントをあけるには下から上へとファスナーをあけます。

外からファスナーを操作するときは問題ないのですが

テント内から開け閉めしようとするとファスナーの位置が低くて遠いんです

上の写真のようにテント下部はかなり狭く体が入らないため、しゃがみつつ手を伸ばす体勢が要求されます。

これがけっこうキツい体制でして、個人的に一度ヒザをやってる身なので体にこたえます。。

ということで、構造上仕方のないことですが、辛いものは辛いので残念ポイントとしました。

ただ、何かしらで対策できそうなので、何かいい案があれば追記したいと思います!

追記:ファスナー開閉棒をDIYしたことでめちゃくちゃ楽になりました!作り方や使い心地は下記からどうぞ!

サーカスTC ファスナー開閉棒
【DIY】サーカスTCの開け閉めが辛いを『ファスナー開閉棒』で解消!お手頃価格で、使いやすさ抜群かつカッコいい大人気テントサーカスTC。 さすが人気のテントだけあって実際に使ってみると満足な点がいっ...

テンマク『サーカスTC』2つの注意ポイント

注意①:雨キャンプと相性が悪い

サーカスTCはポリコットン素材のため雨との相性が悪いです。

まず一度濡れてしまうと乾きづらいです。

撤収時にうまく晴れても、ポリエステルなテントと比べ乾くスピードが1.3〜1.5倍ぐらい遅いのでチェックアウトに間に合わないことがあります。

濡れたまま放置するとカビの原因となるので、キャンプ場で完全乾燥できなかった場合は

自宅で乾かすか、近日中に再度設営し乾かしてあげる必要があります。

我が家は近所に設営できる場所がなく時間も取れないのでお風呂場で乾燥させましたが、大きいし水を吸って重いしでなかなか大変でした。。

また、タープなどと連結していない場合、ファスナーをあけると同時に中へ雨が入ってきます

残念ポイント『ファスナーの開け閉めが辛い』と合わせて雨の日はテントの出入りがさらに大変になります。

ちなみに大雨・強風にさらされましたが雨漏りは一切ありませんでした

ただ下部にあるスカートが風によってバタつくと水しぶきが内部へと侵入してきます。

スカートはペグダウンできるようになっているので雨と風が強くなりそうな日は対策しておくか、スカートの側に濡れたら嫌なモノや寝床は作らないほうが良いです。

注意②:夏は蚊帳の準備を

サーカスTCは床が無く蚊帳がありません

この2つが無いことで対策しないといけなくなるのが『

蚊、地面を這うアリやムカデたち、光に集まる虫、そして匂いにつられやってくる獣。

蚊取り線香森林香、虫コナーズなど防虫グッズは数多くありますが、恐らく全てを駆使しても全ての虫を寄せ付けないは不可能だと思います。

なので夏も快適にサーカスTCを使いたいとなれば、やっぱり蚊帳は必須です

ということでサーカスTCに収まる蚊帳をいくつかご紹介いたします。

サーカスTC専用インナーセット

こちらはサーカスTC専用のインナーセット。テンマク商品なのでサイズはばっちり!ただ設営しづらい問題や、天井が低くなりせっかくの開放感が失われるという声を聞きます。

サーカスTC専用インナーセット ハーフ

こちらは土間を1/4ほど残すタイプのインナーハーフセット。テント内に靴など置けます。

DODカンガルーテント(S)

 

出展:DOD

おそらくサーカスTCの中で使うテントで一番人気のDODカンガルーテント(S)。ワンタッチで設営が可能でデザイン性やメッシュ窓の多さで夏も通気性が良さそうです。

設営が簡単なサーカスTC、それに組み合わせるなら、インナーテントも簡単なモノが良いと私もこれを狙っていたのですが、在庫切れが続いており入手困難。。

MSR エリクサー2

MSRはアメリカの登山用品メーカー。さすが登山用品メーカーとだけあって収納時は軽量コンパクト。しかし…こちらのテントは小さいわりにサーカスTCがもう1個買えちゃう高級テントです。

折りたたみ蚊帳 150 × 200

折りたたみ蚊帳のレビューはこちら

見た目より価格!それなら我が家も購入した折りたたみ蚊帳もおすすめです。パッと広がるので組み立てや片付けは数秒!

もし見た目を気にするなら組み立ては超簡単ですので暗くなるまで寝床は作らない、なんて使い方もできます。

ネイチャーハイク スターリバー

テントは寝る時だけ使うや、ソロのときにサクッと使いたいと購入したネイチャーハイクのスターリバーもサーカスTCの中に入ります!

楽ちんさと広さは蚊帳が上ですが、見た目はスターリバーのほうがグッドです!

あと獣についてなんですが、サーカスTCはスカートにそこそこ隙間があり、そこからネコが夜中に度々侵入してきました。(スカートはペグダウン可能で、ある程度隙間を小さくできます)

ネコがきてしまった理由は食べ物をテント内に置いていたから…これ絶対やっちゃいけないやつです

獣を寄せ付け他のキャンパーさんにも迷惑がかかるので、食べかすやゴミなどは車内か、匂いが出ないよう密閉すべきでした。

といった感じで、虫や獣が侵入してくる可能性があるテントですので、寒い時期を除く季節は蚊帳の用意をおすすめします。

テンマク『サーカスTC』レビューまとめ

  • 設営・撤収が1人でも簡単かつ早い
  • ソロ〜2人なら快適すぎる広さ
  • 夏は虫対策を

夏の虫対策や、濡れると大変など手がかかる部分もありますが、デザイン、設営・撤収のしやすさ、サイズ感、価格と満足な点が大きく上回るテントとなりました!

大人気なテントとあってキャンプ場でかぶる可能性が高いですが、様々なキャンプギアと組み合わせて楽しめるテントなのでオリジナリティを出しやすいテントでもあります!

2019年6月時点ではまだまだ入所困難な状況ではありますが、他のテントに浮気せず是非ともサーカスTCの良さを体感してほしいです!

在庫切れの場合、ネットでは定価より高く販売されている可能性がありますのでご注意ください

サーカスTC在庫情報はこちら(公式)

テンマクデザイン サーカスTCが登場するまとめ
買ってよかったキャンプ用品ジャンル別1位 キャンプテント・タープ・設営グッズランキング オシャレなキャンプ道具
キャンプ1万円オーバーおすすめ道具
サーカスTC 設営方法 撤収方法
サーカスTCの『設営方法』と『撤収方法』を写真多めで無駄に細かくご紹介人気テント『テンマクデザイン サーカスTC』 さすが人気幕ということで数多くの魅力があります。 本当にいろいろ魅力あるテント...
サーカスTC ファスナー開閉棒
【DIY】サーカスTCの開け閉めが辛いを『ファスナー開閉棒』で解消!お手頃価格で、使いやすさ抜群かつカッコいい大人気テントサーカスTC。 さすが人気のテントだけあって実際に使ってみると満足な点がいっ...
テンマク ムササビウイング13ft.TC“焚き火”version
テンマク「ムササビウイング」のカッコ良さとポリコットンの良さを全力レビュー雨が降っても焚き火したい! とキャンプを初めてからずーっと気になっていたタープ、それがテンマクデザイン『ムササビウイング13ft....
サーカスTCとムササビウイング連結を写真たっぷりで解説テンマクデザイン人気テント「サーカスTC」 テンマクデザイン人気タープ「ムササビウイング」 この2つを連結させたいけどどうす...
ワンタッチ蚊帳 キャンプ カンガルースタイル
ワンタッチ蚊帳をサーカスTCに!カンガルースタイルを安く実現サーカスTCを買ったはいいけど、夏の虫対策どうしよう。お金もあんまり使いたくないし。。 そんなふうに悩んでいる方におすすめしたいの...
Naturehike Star-Riverシリーズ2人用テント
ネイチャーハイク2人用テント「スターリバー」をレビュー!これぞコスパ良しなテント安くて品質良くて小さいテントが欲しい! そう思い評判の良いネイチャーハイクというメーカーのテント「Star-Riverスターリバー...