アウトドア・スポーツ

万能すぎ!炊飯に燻製と何でもできるメスティンでキャンプの料理レパートリー爆増!

トランギア ラージメスティン

キャンプ場で美味しいお米を食べてみたいと思いませんか?

キャンプ場で炊きたてのご飯だなんてハードルが高いと思っていませんか?

そんなハードルが高そうに見える“飯ごう”が簡単にできてしまう上に、燻製、蒸し料理、揚げ物、お鍋なんかも楽しめてしまう万能調理グッズ『メスティン』を本日はご紹介いたします!

キャンプをする方には定番アイテムの1つですが、実際に使ってみると皆が愛用するのも納得できる万能さ!

そんなメスティンの良かったところや、悪かったところ、実際にメスティンをつかって作ってみた料理や、メスティンを買ったら最初にやるべきバリ取りにシーズニングについてご紹介いたします!

トランギア ラージメスティン基本情報

スペック

名称 ラージメスティン
メーカー トランギア(tarangia)
サイズ 20.7×13.5×7cm
容量 1350ml
重量 270g
材質 アルミ製(無垢)

開封・内容物

こちらがアウトドアショップで購入してきたトランギア・ラージメスティンです!透明なフィルムで簡易的に包装されています。

ラージメスティンのスペックや注意点などが書かれた紙が一緒に同封されていました。

メスティンのフタを開けてみるとハンドルを発見!

ということでラージメスティンの内容物は本体と本体に取り付けるハンドルとなります!

デザイン

それでは細部を見ていきたいと思います。

ラージメスティンのメイン部分です。深さは約55mmあり、お水が1350ml入ります。また、お米をたくなら3.5合まで可能です!

フタのほうは深さが約25mmとなっており、お皿の代用としても使えます!

写真を見てお気づきだとは思いますが、新品なのに何やら白い模様があります(笑)メスティンを持ってるみなさんのブログや動画を見てみると皆同じような感じなのでこれがデフォルトのようです。

本体、フタともにバリがひどいです!素手でスッとフチをこすると確実に出血するレベルです!購入前にバリがすごいという情報を得ていましたが、ここまでヒドイとは思いませんでした(笑)

バリ取りやシーズニングといったメスティンを購入したら最初にやっておくべきことは後述しますね!

それではハンドルを取り付けます!

このようにラージメスティン本体にハンドルを取り付ける穴がありますので

こちらのハンドルを少し広げて取り付けます。(長さも高さも違い左右非対称ですがこういうものなのでしょうか?笑)

穴の中にバリがあったせいなのか、ハンドルの差し込み部分の長さや位置がズレてるからなのかキレイに収まってくれません(泣)

「おいおい何だよコレ」となりましたが何度か使用しているうちにキレイにフィットするようになりました。

こちらがハンドルを取り付けたラージメスティンです。

ハンドルは上下しますので、このように片付けるときはコンパクトになります。

トランギアラージメスティン用メッシュトレイ

そして一緒に購入したトランギアラージメスティン用のメッシュトレイです!

価格は918円(税込)と少々お高いです。(購入後知りましたがダイソーにシンデレラフィットするバット網があるようです。。)

こちらが袋から出した専用トレイです。

専用なのでラージメスティンにピッタリです!

網の高さは約1.5cmです。これで蒸し料理や燻製も可能となります!

フタの方にもピッタリフィットします♪揚げ物を置いておくのにちょうど良さそうですね!

スポンサーリンク

トランギア ラージメスティン3つの満足ポイント

満足1:出来ることが多すぎる

今回ラージメスティンを購入した理由に「飯ごうしたい」と「燻製がしたい」というものがありました。

その2つに関しては問題なく可能でキャンプ場で美味しい炊きたてのご飯に燻製を現在進行系で楽しんでいます!

また飯ごう・燻製にくわえ、蒸し料理や袋麺にパスタに揚げ物に、鍋料理に焼き料理と何でも出来てしまいます!後で作ってみた料理の詳細をお伝えします♪

メスティン1つあればほぼほぼのことが出来てしまいキャンプ場で大活躍です!

満足2:お米が美味しく炊ける

メスティンを購入前に先輩方のブログやYoutubeを見て「お米が美味しい」と皆が口を揃えて言っていました。

「飯ごうで作ったご飯だからなんとなく美味しく感じるんだろうな」

ぐらいに思っていましたが、実際に自分で飯ごうし食べてみると

「え!?めちゃくちゃ美味しい!」

嘘なしで本当に美味しかったです(笑)甘みが増し、お米の1粒1粒がふっくら!

そこそこお値段のした炊飯器でご飯を食べていますが、炊飯器で作ったゴハンより確実に美味しいです

キャンプ関係なく自宅に炊飯器がなくてもメスティンがあれば毎日おいしいお米が食べられますよ♪

満足3:大人数BBQもラージメスティンなら大活躍

メスティンにはノーマルサイズのメスティンとラージメスティンの2つがあります。

違いを表にしてみました。

メスティン ラージメスティン
公式価格(税抜) 1,600円 2,500円
サイズ 17×9.5×6.2cm 20.7×13.5×7cm
重量 150g 270g
容量 750ml 1350ml
炊飯できる目安 1.8合 3.5合

容量が1.8倍になるのでお米を炊はんできる量も1.8倍になります!全てが1.8倍になりますが価格だけは1.5倍なのでラージのほうがお得!?

ソロや3人ぐらいでのキャンプであればノーマルメスティンで事足りるかと思いますが、4人以上となってくるとラージメスティンのほうが一度に大量の料理を作る事ができるので楽です

燻製をつくった時に思いましたが、ラージだったからこそいろいろな種類を一度にたくさん燻製することが出来ました!

「大は小を兼ねる」という理由でラージを選びましたが何かとゆとりを持って使えるので満足しています♪

スポンサーリンク

トランギア ラージメスティンの残念ポイント

作りが雑

日本の製品に慣れてるからなのかメスティン(スウェーデン製)と対面したときの第一印象は「なんじゃこれ」と作りの雑さに衝撃をうけました

上でも述べましたがハンドルをうまくはめれない、フチのバリが怪我をするレベルで酷く「よくこんな状態でお店で売ってるな」と思いました(笑)

ただ、この酷い状態を使えるようにするための『儀式』があり、この儀式も含めて楽しむのが正解のようです(笑)

儀式とはバリ取りとシーズニングのことで実際にやってみた内容をお伝えします!

スポンサーリンク

メスティンのバリ取り&シーズニング

バリがひどく手を切ってしまうのでまずはバリ取りをしていきます!

私は耐水ペーパーの1000番をチョイスしました!

ひたすらフチをゴシゴシ削ります!時々ゆびで触ってみてツルツルしてきたら終了です。フタも合わせておよそ10分ぐらいで終わりました!

続いてシーズニングをしていきます。シーズニングをすることでアルミ臭をとばし、焦げ付きを軽減してくれる効果があります。

用意するものは米のとぎ汁。

とぎ汁をつかってメスティンをぐつぐつと煮込んでいきます。用意できる鍋が小さかったのでひっくり返しながら煮込んでいきます。

沸騰すると泡がぶくぶくと出てきます。この沸騰した状態で約30分間煮込めば完了です!

ちなみに今お伝えした鍋で煮込む方法とは別で、メスティンそのものに米のとぎ汁をいれフタをし熱するという方法もあります。

大きい鍋が用意できなかった私が悪いのですが、鍋にいれて煮込んだ結果、上の写真のように部分的に変色してしまいました(泣)見た目を気にする方は注意してください。

以上、バリとりとシーズニングでした!とっても簡単な作業なのでメスティンを長く愛用するためにも購入したらすぐにやってしまいましょう♪

スポンサーリンク

メスティンをつかった料理

今までにやってみた飯ごう炊飯炊、燻製、蒸し料理、天ぷら←newについて簡単にお伝えします!新しい料理に挑戦したさいは都度追記していきたいと思います!

飯ごうに挑戦

まず米と水の量ですが

1合 200cc
1.5合 300cc
2合 400cc
2.5合 500cc
3合 600cc

私は上の量をベースに作っています。ちょっと柔らかめが好きなので必要な水の量に10%だけ水を追加しています。1合なら220ccという感じです。

ちなみにラージメスティンの場合、2合のお米に必要な400ccは写真のようにビスの上のところまで入れればちょうど400ccとなります。

それでは飯ごうの手順をお伝えします!ガスコンロやガスバーナーを使った方法です。

MARSNET ジュニアコンパクトバーナー
中華製でも問題なし!経済的なCB缶をつかうジュニアコンパクトバーナーをレビュー「キャンプで簡単にお湯を沸かしたい!」 そんな願望を叶えてくれるCB缶(カセットコンロボンベ缶)をつかうシングルバーナーが欲しくて...
  1. 米を洗い必要な水を投入
  2. 30分ほど水にひたす
  3. メスティンに重しを乗せ火にかける(弱火〜中火)
  4. ぐつぐつしはじめ吹きこぼれがはじまる
  5. パチパチ音がしはじめ、パチパチ音が激しくなってきたら火を止める
  6. 保温バッグに入れるか、タオルでくるんでメスティンをひっくり返し20分の蒸らし
  7. いただきます!

といった感じで美味しいお米が簡単に食べられます!

蒸らしにタオルを使いましたがダイソーで買える保冷保温バッグなら蒸らしもメスティンを収納することも出来ます。

ダイソー 保冷保温アルミランチトートバッグ
ラージメスティンにピッタリ!ダイソーで見つけた保冷保温トートバッグラージメスティンに使えそうなバッグを100円ショップダイソーで物色! 飯ごう炊飯もするので“蒸らし”のために保温効果も欲しい!とい...

あくまでもこれは私のやり方なので自分が求めるお米の硬さに合わせて、火の強さや、水の量、火から下ろすタイミングを微調整してみてください♪

まだ挑戦したことがないですが、固形燃料を使えば火をつけ、後は待つだけで完成のようです!

燻製に挑戦

続いては燻製に挑戦です!

燻製はメスティンそのものがめちゃくちゃ汚れるのでアルミホイルでメスティンを覆います。

そして燻製チップを投入。量は適当です!真ん中に集めちょっと山盛りにするのが良いようです。

バーナーで下から中火〜強火で炙りフタをします。

シングルバーナーで長時間メスティンを強火で熱すると燻製では空焚き状態となり、焦げたり最悪穴があいたりします。バーナーパッドなどをつかって火を弱くするのがオススメです。

ユニフレーム パーナーパッド
ユニフレームバーナーパットを使ってみた満足点と輻射熱についてシングルバーナーの強い火力をもう少し弱くしたい! 以前の記事でご紹介したシングルバーナーの火力が一点集中なうえに弱火にしても火力が...

フタの隙間から煙がではじめたら火を弱くします。火を弱くしますが煙が継続して出続ける状態にしてください。

この調整が終わったら約10分間放置し完成です!

めちゃくちゃ美味しそうに色づきました!

もっと色づきさせたいと思い20分間放置してみましたが焦げた味がして失敗しました(笑)10分ぐらいが私にはちょうど良かったようです!

燻製をし空焚きしてしまったからなのかメスティンがグニョグニョと変形するようになってしまいました(泣)

もともとがどんなだったか忘れてしまったのでなんとも言えないですが、もし燻製をする場合はグニョグニョになる覚悟をしておいてください。

元通りとはいきませんが変形しても手で簡単に形を整えることができフタはちゃんとしまります!

蒸し料理に挑戦

飯ごうや燻製と比べて一番簡単だった蒸し料理の方法をお伝えします!

トレイを置き、トレイに当たらないぐらいの水をいれフタをし火をつけます。あとは料理に合わせた蒸し時間だけ待てば完成です!

アッツアツのシュウマイが簡単につくれました!

このシュウマイは強火で9分ということだったんですが、9分後フタをあけてみると水がちょっとしか残っていませんでした。空焚き防止のためにも水は多めに入れておいたほうが良さそうです!

天ぷら料理に挑戦

後日『天ぷら』にも挑戦してみました!

やり方はとっても簡単!メスティンに油をいれ

天ぷら粉をつけた食材をメスティンの中でカラッと揚げるだけ!

食材の大きさにもよりますがラージメスティンなら4〜5個ぐらいの食材を同時に揚げられます!

燻製や蒸し料理でつかったトレイをフタに乗せれば揚げたての天ぷらから余分な油を落とすことも出来ます♪

寒い時期に食べる揚げたて熱々の天ぷらは最高に美味しいですよ♪

残った油は持ち帰るか、固めるか、焚き火の燃料にするか、何かしら処理が必要になるので出来るだけ少ない油でスタートし継ぎ足しでやるのがオススメです!

「キャンプで天ぷらを食べる!」という1つの夢が叶いました!とっても簡単なので是非トライしてみてください♪

ポップコーンに挑戦

もうちょっと何か食べたい!そんなときにサッと作れるポップコーンに挑戦。

作り方はとっても簡単!

まずは、ラージメスティンの約三分の一ほどトウモロコシを投入。このとき欲張って入れすぎると膨らみすぎて大変なことになるので注意です。

油大さじ1とバターorマーガリンを大さじ1ぐらい投入。

油だけでもOK、バターだけでもOK。焦げますがマヨネーズなんかを入れてもコクが出て美味しいです。分量は合計で大さじ2ぐらい入れてますが、このあたりも好みでOKです。

あとはフタをし中火ぐらいでシェイク!火が弱すぎるとキレイに膨らまないので注意です

パンッ!と音がしなくなったら火からおろして

完成です!

塩やキャンパーに大人気の調味料「黒瀬スパイス」なんかをふりかければ美味しくいただけます♪

安く簡単につくれるので、ちょっとしたおつまみに♪

トランギア ラージメスティン まとめ

  • キャンプ場で飯ごうしたい人にオススメ
  • 美味しいお米が食べたい人にオススメ
  • いろいろな料理を作りたい人にオススメ

最初は作りが雑すぎてガッカリしましたが実際に使い始めるとメスティンの良さを知り虜になってしまいました!まだまだ挑戦したい料理もありこれからも楽しみです!

1つあれば何にでも使えてしまう万能調理器具ですので気になった方は是非チェックしてみてください♪

▼荷物を出来るだけ小さくしたい、ソロ〜2人限定で使いたい、小さく扱いやすいほうが良いという方はノーマルサイズのメスティンがオススメです!

ノミネート

トランギア ラージメスティンは以下の記事にノミネートされています!

調理器具 キャンプ用品ランキング
【調理器具】買ってよかったキャンプ用品ランキング2019年3月29日ランキング更新 キャンプの醍醐味の1つ『食事』 何度もキャンプへ行っていると、同じ料理ではやっぱり飽きてしま...
2018年買ってよかったキャンプ道具BEST10
【2018年】買ってよかったキャンプ道具BEST10:キャンプ初心者が選ぶ2018年はキャンプの楽しさを知り、ドハマリした年でした! キャンプへ行けば行くほど欲しい物が増え、2018年はキャンプグッズばか...